質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ルイヴィトン人気ミニショルダーバッグM51221ブロワの買取価格公開!【大垣】

店舗名 大垣店
商品名 M51221/ブロワ
ブランド名 【ルイ・ヴィトン】
買取価格 50,000円

商品について

本日はLOUIS VUITTON【ルイヴィトン】のM51221ブロワを買取させて頂きました。

ありがとうございます。

販売されていた当時から人気の高いバッグでしたが、現在でも高い人気を持つバッグです。

廃番になったのは2007年の事で、既に10年以上の時間が経っていますが、今でも中古のブロワを購入される方がいるほどです。

しかし廃盤になっているという事は「新品」は既に存在せず、中古しか市場には残っていない為、現在では状態が綺麗な物に出会うのも稀です。

特に最近ではルイヴィトンのバッグ全体が値上がり傾向で、中でも1990年代半ばから2000年代半ばごろのモデルでキレイな商品の値上がりが著しく、ブロワ以外にもパピヨンやアルマなども高くなっています。

ではブロワの査定ポイントをご紹介します。

査定ポイント

①ヌメ革の状態

ブロワは物ぐわむラインの商品で、ヌメ革が使用されています。

新品で購入した時は白色みのある茶色ですが、使用や経年によって変色していきます。

また水気にも弱い面があり、汗や雨などで濡れてしまうと、その部分がシミになってしまう事もあります。

経年変化を楽しめるのがヌメ革の醍醐味ですが、買取になればやはりあまり汚れていない状態の方が評価は高くなります。

今回は変色こそしていましたが、気になるシミは特にありませんでした。

②ポケットの内側の状態

これは最近のルイヴィトンでは使われなくなっている素材ですが、昔のルイヴィトンは日本の気候だとベタツキが出てしまう素材が使われていました。

この症状の原因は日本の湿気が多い気候による物なので、ケアする方法がかなり難しいです。

このベタツキは一度発生してしまうと直す事は無く、直すためにはメーカーで革の張替えをするしかありません。

今回はベタツキがまだ出ていませんでしたので、マイナスになることはありませんでした。

最後に

本日も素晴らしいお品物をお譲り頂き誠にありがとうございました。

数年前はこのブロワも2万円とかで買取をしていた覚えがありますが、やはりルイヴィトンまだまだ相場が高くなったままです。

やはり今が売り時です。

使わなくなったルイヴィトンがある方は是非かんてい局へお持ちください。

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品