質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

【買取実績】LOUIS VUITTON【ルイヴィトン】N41661/ジッピーウォレット/ダミエ/【茜部】岐阜の質屋と言えば「かんてい局」

店舗名 茜部店
商品名 N41661/ジッピーウォレット
ブランド名 【ルイヴィトン】
買取価格 63,000円

本日、ルイヴィトンのジッピーウォレットを買取させて頂きました。

有難う御座います。

ルイヴィトンとは

1854年、荷造り用のトランク職人であったルイ・ヴィトンによりブランド設立。

輸送機関の発展に着目し、当時の丸蓋トランクから積み重ねが可能な平蓋トランクを考案。

また、防水加工を施した特殊コットン素材により軽量になり、トランクは瞬く間に評判となる。

以降、ブランドは急成長を遂げ、2代目のジョルジュ・ヴィトン時代の1896年にはコピー対策として考案されたモノグラムがヒットアイテムとなり、ブランドのアイコンとなる。

ジッピーウォレットとは

ジッピーシリーズは2005年頃から発売が開始されました。

ラウンドファスナーの長財布は当時発売されていましたが、一万円札がぎりぎり入らない大きさとなっており、人気はイマイチでした。

その頃は前面にホックで止める蓋があるポルトフォイユサラというシリーズが最も高い人気を集めておりました。

2006年頃、ラウンドファスナーの財布が改良され発売されたのがジッピーウォレットでした。

ジッピーウォレットは発売が開始されると同時に人気を集め、ポルトフォイユサラを超えてナンバー1人気となりました。現在でもジッピーウォレットは発売されています。

発売が開始され10年以上経過しますが、高い人気を維持しています。

長い年月で多くのコレクションラインが登場しました。

ジッピーウォレットの査定ポイント

①ファスナー金具の状態

ラウンドファスナータイプなのでファスナー金具の状態は必ずチェックします。

普段の開閉時に使用する為、傷や汚れは付きものです。

また、製造されてから長年経過している物は金具の変色やメッキ剥がれが生じますのでさらにマイナス査定となります。

細かな小傷が見受けられるだけでも査定金額は下がりますので、大切に保管しておきましょう。

 

②財布の形状

当たり前ですが長年の使用に伴い、少しづつですが財布も使用感が見られ、財布の形が変わる事があります。

人によって個人差はありますが、男性の場合はケツポケットに収納する方も多い為、財布が変形している事が多いです。

女性の方でも、バッグの中に収納されることが多いので何かしら変形してたり、汚れがついてたりすることが有ります。

査定時にはそういったところもしっかりチェックし、査定金額を導きます。

使用しててもいかに綺麗かが大事になってきます。

③コインポケットの状態

尾銭の出し入れによって必然的に汚れが付着します。

こればかりは使用してたら仕方ないです。

特にホワイト系のカラーだと汚れが目立ちやすく、他色に比べてもマイナス査定になりやすいのでご注意を。

 

最後に

本日はルイヴィトンのジッピーウォレットをご紹介しました。

先程も述べましたが、ルイヴィトンのジッピーウォレットは定番人気の財布となります。

出回っている量も多く、お売り頂く際も安定した査定額が出ます。

種類も豊富で定番のモノグラムやダミエの他に、様々なラインが存在します。

毎年の様に新型のデザインが発売されており、飽きが来ない財布としても有名です。

ご自宅に眠っているブランド品がございましたら、是非一度かんてい局へお持ちください!

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品