質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

【相場高騰中】ロレックス 116610LV/グリーンサブマリーナーの買取価格はいかに!?【小牧】

店舗名 小牧店
商品名 116610LV/サブマリーナー
ブランド名 ROLEX【ロレックス】
買取価格 1,520,000円

ROLEX【ロレックス】 116610LV サブマリーナー(グリーンサブ)の買取価格について

本日買取させていただきました商品は大人気ブランド、ロレックスのサブマリーナー、116610LV!!

通称グリーンサブです!

かんてい局小牧店としても久々の入荷商品になり、私個人としてもすごく気持ちが昂る商品です☆

では本題に入る前にグリーンサブについてお話をさせて頂きます。

今回買取させて頂いているのが

型番:116610LV

商品名:サブマリーナー

となりますが、こちらのサブマリーナーの特徴といえば何といってもこの配色です。

定番のサブマリーナーのカラーといえば黒色のものを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、こちらはベゼル、文字盤ともにグリーンカラーが採用されているモデルになります。

現行モデルになる前にも16610LVというグリーンサブが存在しており、そちらの人気も非常に高いモデルになります。

この前型のグリーンのサブマリーナーはサブマリーナー生誕50周年を記念し作られたのですが、製造期間としては2003年から2010年と短い期間しか製造がされてませんでした。

そのため通常のサブマリーナーと比べても生産本数が少なく珍しいという事もあり、プレミアム価格が付いているのが特徴です。

ちなみに前作の16610LVはベゼルは緑、文字盤は黒色という配色になっております。

※短い期間がではございますが、製造年によって仕様が異なっているものもあります。

こちらの動画で詳しく説明をしておりますので是非一度ご覧になってみてください。

そして、前作のモデルが廃盤になってから登場したのが今回買取させて頂いた116610LV サブマリーナーというモデルになります。

サイズ感などは通常のサブマリーナー(116610LN)と変わりはありませんが、見た目のカラーがガラッと変わっているので印象が大きく異なっております。

新型のサブマリーナー(116610LV)は2010年から製造されているものですが、現在でも入手は困難となっており、買取価格、販売価格ともにプレミアプライスとなっているのも事実です。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

~~ YouTubeはじめました! ~~

かんてい局でも公式YouTubeチャンネルを開設しました!!

ロレックスをはじめとした時計などの解説やおすすめ商品の紹介をしているので、ぜひお時間があるときにでもご覧になってください!

ロレックス 116610LV サブマリーナーの買取価格が1,520,000円になった理由とは

さて、ここからはタイトルにもございますように、なぜ116610LV  グリーンサブが個の買取価格になったのかを紐解いていきましょう。

①希少性

まず一つ目は希少性です。

上でも記載をしましたが、理由の一つとして「入手困難」という事が挙げられます。

実際にこの116610LV サブマリーナーだけに限らず、ロレックスの正規店ではスポーツモデルは店頭に並ぶことが少なく、デイトナやGMTマスターⅡ、エクスプローラー等のモデルも正規店で購入することは難しいのが現状です。

また、グリーンサブに至っては更に手に入れることが難しく、ファンな方も多いため中古市場でも流通数は少ないと為結果的に希少性が高くなっているという事です。

実際に116610LN(ブラック)と116610LV(グリーン)と中古価格を比べてみても116610LV(グリーン)の方が高いといえます。

②状態

二つ目の理由が「状態」です。

腕時計や財布、バッグなども共通して言えることですが、状態は中古品を扱う上で非常に重要になってくるといえます。

ただ、腕時計の場合は新品仕上げといって研磨や、年数が経過している場合オーバーホール、電池交換といった修理、メンテナンスを行う事が出来ます。

これらのようにメンテナンスを行う事で再度販売することが出来るのですが、ロレックスや一部ブランドにおいてはこのメンテナンスを行わないような状態の方が査定金額が高くなることがございます。

今回の場合ですと新品で購入されてほとんど使用されずお売り頂いたお品物になりますが、そのまま店頭で再度販売が可能な状態になります。

一般的に言えばノーメンテナンスという聞こえにはなりますが、研磨を行う事でケースやブレスレット部分が痩せてしまい、角部分のエッジが丸くなってしまう事が懸念されます。

そのためノーポリッシュという事はすぐに販売できるほどきれいであり、ケース自体も痩せていない状態だといえる為、買取価格が通常に使用されているものよりも高くなるといえます。

もちろんメンテナンスしたからダメという事ではございませんし、通常のお品物であればメンテンナンスしている方が高額になることも多いですのでご了承ください。

③購入年数

さて三つ目の理由は「購入年数」です。

こちらをご覧いただくとお分かり頂けるかもしれませんが、なんと正規店での購入が今年、2020年3月と最近の日付となっております。

まだ購入から日が浅く年数も経過してないという事もあり買取価格は目一杯の価格をお出しさせて頂きました。

毎年バーゼルワールドにてロレックスも新作発表を行っておりますが、今年は新型ウイルスの影響もあり新作発表はなかったものの、今後サブマリーナーが廃盤になる可能性もないとも言い切れないこともあり、魂の査定をさせて頂きました。

ロレックスに限らずですが、製造年数や販売年数が新しい方がトレンドを押さえている商品も多く高額査定になることも多いのですので是非ご検討してみてください。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回ロレックスのサブマリーナー(116610LV)の買取価格についてお話をさせて頂きました。

新型コロナウイルス発生後はロレックスの相場の変動は大きく、価格が下がってしまったものもございましたが、現在収束しつつある中で相場自体はV字回復をしているのが現状です。

私どもとしても一本でも多く買取させて頂きたい商品になりますので、売却をご検討されている方はぜひご相談頂けたらと思います。

店頭での買取はもちろんですが、メール査定や宅配買取の他にも出張買取も行っておりますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

 

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品