質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

純金ネックレスを買取させていただきました。買取価格はこちら!!【小牧】

店舗名 小牧店
商品名 K24ネックレス
ブランド名 ノーブランドジュエリー
買取価格 621,000円

金相場の変動・要因について

①米ドルの変動

世界の通貨の基本となるのが米ドルになります。これが変動する事によって各国の通貨や株等様々な物に影響を及ぼします。

貴金属もその例にもれず、米ドルの変動によって変動致します。

一般的には米ドルが上がると金の価値は下がり、米ドルが下がると金の価値は上がると言われております。

金は投資対象として運用する場合、換金時等の通貨の変動の影響を受ける事が少ない為、米ドル等の通貨価値が下がると需要が高まり、金相場が上昇するのです。

もちろん最近の金の高騰の理由にも影響します。8月に入ってから米ドルは下降の一途をたどっており、それが影響して金が高くなっているのです。2007年~2012年頃までは少し減少していた時もありましたが、それ以降は近年まで持ち直しておりました。

それがここまで下がるという事も珍しく、一時的な物とも言われております。

だからこそ金を売るのは米ドルが下がっている今が本当にチャンスなんです!!

②株価の変動

金相場には株も影響してくると言われております。

株も投資対象としては非常にメジャーであり、持っているだけで利益を生み出す事のできる物です。株も米ドル同様、上昇する場合は金が下がると言われているケースも多いですね。

株の変動はそのまま経済の変動と捉える事もできます。株価が上昇傾向にある場合は経済全体がインフレ傾向にある事になり、投資対象としての金の価値は下がると言われております。

金を売って、そのお金で株を買おう!という発想に至る訳ですね。

例外もありますので、絶対に株と金が逆相関関係にあるわけではないですが、多くの場合はそう考えて遜色ないようですね。

ちなみにここ最近の日経平均株価等で見るとそこまで大きな変動はありません。強いて言えば若干下降気味かもしれませんが・・・。

やはり絶対の逆相関関係ではないかもしれませんね。

金製品の買取について

金製品は上記を基準に一日のg買取単価が決定します。

基本的には【重量】×【g単価】が買取価格になりますが、ダイヤモンドがついている、デザイン性が高い物は+aでお見積りをさせていただきます。

金純度の違いによる買取単価の変動

g単価を決定する上でもう一つ重要なのが金の純度です。

純金~9金(K9)まで大まかなに存在しています。

見分け方のひとつに刻印での判断がございます。

このような刻印が金製品の純度を表示している刻印です。

『K18』『日本国旗』『750』が多いです。

今回はすべて刻印があるものを紹介しましたが『750』だけのものもありますし『K18』だけのものもあります。

今回は純金の刻印がありました。

※メッキ刻印に注意!!

上記のような『GP』の刻印には要注意です。

これはメッキを指す刻印になりますので購入を金製品を検討している方は要チェックの刻印です。

まとめ

いかがでしたか?

金が高騰しているので手放されるのをご検討されて見える方が多いのではないでしょうか?

その際はぜひ一度かんてい局で査定をさせていただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品