質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ロレックス定番のロングセラーモデル16610サブマリーナーデイトの買取価格をご紹介!【大垣】

店舗名 大垣店
商品名 16610/サブマリーナー
ブランド名 ROLEX【ロレックス】
買取価格 700,000円

商品について

本日はROLEX【ロレックス】の16610 サブマリーナーデイトを買取りさせて頂きました。

ありがとうございます。

16610サブマリーナーデイトは1989年に発売され、後継機の116610が2010年に出るまでの約20年間にわたって販売されていたロングセラーモデルです。

ロレックスを代表するモデルと言っても過言ではありません。

 

キャリバーはCal.3135が使用されており、より耐久性が向上し使い勝手が良くなりました。

このCal.3135は非常に優秀なキャリバーで、その後しばらくの間様々なモデルに搭載されます。

 

また、各時計メーカーのダイバーズウォッチに多大なる影響を与えたとも言われております。

デザインもシンプルながらも上品で無駄の無い形状で、文字盤も2003年にサブマリーナー生誕50周年を記念してグリーンカラーが誕生し、今では「グリーンサブ」という愛称で親しまれ、こちらも絶大なる人気を現在も誇っております。

 

ではそんなサブマリーナーの査定ポイントをご紹介します。

査定ポイント

査定ポイントを2つご紹介したいと思います。

①キズの有無

②付属品の有無

①キズの有無

時計は使用していると、キズが付いてしまいます。

キズは使用している限りは仕方が無い物ですので、査定にはそれほど影響しません。

落としたり、何か固い物で引っかいたりすると深い傷が付いてしまいます。

通常、買取した商品は外装磨きを行いますが、深い傷になると外装磨きでも取り切れない事があります。

そういったキズがあると外見に影響するので、評価はマイナスになってしまいます。

また、研磨できない箇所もあります。

画像のガラス周りの黒い部分、「ベゼル」と呼ばれる部分は研磨が出来ず、このままの状態での販売になります。

そうなってしまうと査定額も下がってしまいますので、普段の使用の際には注意が必要です。

今回特に気になったのがこのバックル部分。

写真は少し分かりにくいですが、実はこれ完全にはまり切っていません。

これはバックルの金具が少し曲がってしまっているために起こる物で仕上げに加えて追加修理が必要な状態だったためマイナスの評価になってしまいました。

②付属品の有無

ロレックスに限らずブランド時計の買取では付属品の有無が重要になります。

特にその中でも保証書(ギャランティカード)はその時計の品質証明をする唯一の物になりますので、とても大切です。

箱やコマはオークションなどでも手に入れる事が出来ますが、この保証書だけは新品で購入した際の「1度だけ」しか手に入れる事が出来ません。

この保証書が有るのと無いのとでは数万円単位で査定額に差が出ます。

アンティーク等の古いモデルに関しては10万円以上違ってくる事も珍しくないです。

いずれ売却をお考えの方や、今売却をお考えの方は、箱や保証書を捨てず、なるべく購入された当時のままでお持ち頂く事をオススメ致します。

今回は全ての付属品が揃っていたため、付属品関係でのマイナス評価はありませんでした。

最後に

本日も素晴らしい商品をお譲り頂き誠にありがとうございます。

ロレックスが高騰している、というのは度々話題になることですが、そういう時は本当に高くなっている時です。

今も高いと言われる様になってしばらく経ちますが、まだまだ高い相場を維持していますので、換金をお考えの方は是非かんてい局へご相談ください。

皆さまのご利用お待ちしています。

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品