質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

金の高騰で記念金貨の買取が高い!純金を使用した金貨の買取価格と査定ポイントを紹介!【買取実績】【茜部】

店舗名 茜部店
商品名 天皇陛下御即位記念10万円金貨
ブランド名 記念金貨【純金】
買取価格 165,000円

皆さん、こんにちは!かんてい局茜部店です。

本日平成2年発行の天皇陛下御即位記念10万円金貨を買取させていただきましたので、

買取金額と査定ポイントをご紹介します!

・金の高騰と金貨の買取価格の関係

・2種類の10万円金貨

・10万円金貨の種類と重さの違い

について知りたい方は是非参考にしていただければと思います!

☟お電話での問い合わせはこちら☟

金の高騰と金貨の買取価格

今回ご紹介させて頂く金貨は、平成2年に発行された天皇陛下御即位記念の10万円金貨です。

金貨と呼ばれている通り、素材は純金(24金)を使用しており、重さは30gあります。

記念硬貨ではありますが金を使用していることもあり、金の相場が買取価格に影響します。

こちらの金貨が発行された当時(平成2年頃)は金の相場が下がっていった時期であり、当時の金の価格は1gあたりおよそ2,000円前後でした。

現在の金の価格は6,500~7,000円程となっておりますので、およそ1/3程度の相場であったことが分かります。

当時は30g使用していても製作コストは10万円を下回っておりましたが、現在の金相場では額面の10万円を超える価値となっております。

買取価格は金相場に影響しておりますので、現在より金の相場が下がると買取価格も下がってしまいます。

☟気になる買取価格を聞いてみよう☟

貴金属査定フォーム

10万円金貨は2種類存在する

今回買取させて頂いた金貨は平成2年発行の御即位記念金貨でしたが、同じ10万円金貨でもその数年前に発行された天皇陛下御在位60年記念金貨があります。

2種類の10万円金貨の違い

2種類の10万円金貨の違いについてご説明させて頂きます。

御在位60年記念 御即位記念
発行年 昭和61~62年 平成2~3年
重量 20.0g 30.0g
発行枚数 1100万枚 200万枚

大きな違いはこのようになります。

買取の際に重要となってくる重さは10.0gも違います。

現在の金相場だと額面が同じ10万円であっても、買取価格の差はおよそ60,000円前後変わってきます。

現在金相場が高騰している時期ですが、数年前まで20g金貨の買取価格は金相場を基準にすると額面の10万円を下回る価格でした。

そう考えると金相場の変化はかなり大きいものだったと実感しますね!

査定ポイント

今回買取させて頂いた金貨の査定ポイントをご紹介します。

買取価格の出し方

10万円金貨の査定ポイントは貴金属の買取同様で、「金貨の素材の相場」と「重さ」を掛けるだけです。

今回の金貨は純金を使用しておりますので、その日の純金の買取価格と重さ30gを計算します。

現在金相場は高騰しておりますので、額面を大きく上回る買取価格を出すことができます。

この計算は20gの金貨でも同様です。

素材は同じ純金になりますので、相場×20gをすることで導き出せます。

この計算方法ですと、同じ10万円金貨でも買取価格が異なる理由がわかりますね!

額面を下回る場合

それでは金の価格で計算したときに、額面の10万円より低くなる場合はどうなるのか気になりますよね?

実際数年前までは御在位記念20gの金貨の買取価格は10万円を下回っておりました。

そのような場合かんてい局では、額面から計算した買取価格となります。

金の価値が低くてもその金貨自体には10万円の価値がありますので、私たちは最低でも額面で処理することができますので、額面から80~90%の価格で買取を行っております。

☟お電話での問い合わせはこちら☟

最後に

本日は天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格と査定ポイントについてご説明させて頂きました。

金の相場が高い現在では金貨の額面を上回ることがあります。

金の価格はいつまでこの価格をキープできるのか不透明であり、少しずつ下がっていっております。

製品が30gもあると少しの相場の変動で買取価格も大きく影響してきますので、なるべく金相場が高いときに手放されることをお勧めします。

金製品の買取価格は店頭にお持ち頂くか、お電話でもお伝えすることができますので、お気軽にお問合せ下さい!

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品