質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ルイヴィトンのメガネケース、M62962エテュイ・リュネット・サーンプルの買取価格を紹介します【大垣】

店舗名 大垣店
商品名 M62962/エテュイ・リュネット・サーンプル
ブランド名 【ルイ・ヴィトン】
買取価格 5,000円

こんにちは、かんてい局大垣店です。

本日はLOUIS VUITTON【ルイヴィトン】のM62962 エテュイ・リュネット・サーンプルというメガネケースを買取させて頂きました。

ありがとうございます。

商品について

LOUIS VUITTON【ルイヴィトン】M62962 エテュイ・リュネット・サーンプル、長ったらしく舌を噛みそうな名前が正式名称のメガネケースです。

 

モノグラムは1896年に登場した、日本の家紋をモチーフとする今や定番となったルイヴィトンの人気ラインです。

元々は当時出回っていたコピー品の作成防止のために考案されていたデザインで、当時ヨーロッパで流行していたジャポニズムにあやかったとのことです。

ルイヴィトンはもともと「旅」をイメージした商品を展開しているブランドメーカーなので、ラインのモチーフも世界中の文化から取り入れているんでしょうね。

ではそんなモノグラムラインを使用したメガネケースの査定ポイントをご紹介します。

査定ポイント

①商品の状態

メガネケースは分類上レザーグッズとして取り扱われますが、査定ポイントは財布やバッグと大して変わりません。

確認をするのは商品の状態です。

擦れ、破れ、シミなど分かりやすい使用感はないかを確認します。

今回買取させて頂いた商品は、売られたお客様もあまり使っていなかったとの事で、製造は今から30年前ではありましたが、目立つ使用感も無かったためマイナスはありませんでした。

②商品の需要

中古の価格を決める手立てとして「商品の人気度(需要)」があります。

ルイヴィトンというブランド、モノグラムというラインは文句のつけようもなく高い人気があります。

しかし今回ネックになったのは「メガネケース」というところでした。

昨今メガネを買えばそれなりにいいケースがメガネ屋さんでもらえます。

その為敢えてメガネケースをブランド物に変えようという方がそこまで多くないというのが実情で、モノグラムの相場が上がっている現在でもそこまで買取価格が上がっていない状態です。

最後に

本日も素晴らしい商品をお売り頂きありがとうございます。

 

未使用品から使いつぶした商品に至るまで、ルイヴィトンであればなんでも買取させて頂きます。

かなり傷ついてしまったけど・・・、汚れが付いてるけど・・・など、昔買ったけど使ってない、眠ったままになっている商品などは是非一度お気軽にご査定させてください。出来る限りの査定をさせて頂きます。

また大掃除などで出てきたブランドアイテムも大歓迎です。
手放そうとお考えの方は是非かんてい局へご相談ください。

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品