質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ロレックス入門モデルの価格高騰!!Ref:14000『エアキング』の買取価格はこちら!!【小牧】

店舗名 小牧店
商品名 14000/エアキング
ブランド名 ROLEX【ロレックス】
買取価格 340,000円

本日はロレックスRef:14000/エアキングを買取させていただきました。

お譲り頂きありがとうございます。

この記事ではエアキングの買取金額や査定ポイントをご紹介しておりますので売却をお考えの方はご参考ください。

早速ですが、エアキングについてご紹介させていただきます。

ROLEX【ロレックス】 14000M エアキングについて


本日買取させていただきました商品はあの大人気ブランド、ROLEX【ロレックス】の最古のペットネームをもったモデル、14000M エアキングになります。

ブランド名:ROLEX【ロレックス】

型番:14000

商品名:エアキング

元々エアキングという商品名はエアキングという商品名ではなく、オイスターパペーチュアルだったものが、当時のロレックスファンが愛称として付けられたのがこの【エアキング】というわけですね。

売却をお考えの方はこちらのバナーより無料査定を行えます。

☟メール査定はバナーをタップ☟

時計査定フォーム

ROLEX【ロレックス】 14000と14000Mの違い


ロレックスの時計はマイナーチェンジ、モデルチェンジが定期的に行われており、エアキングも同様に行われております。

当時エアキングは5500という型番でマイナーチェンジを繰り返しながら1980年代後半まで製造されておりました。

その後今回のエアキングの前身モデルとなる14000が登場したわけですが、この14000のマイナーチェンジされたモデルが、14000Mというわけですね。

この14000M エアキングは比較的製造が新しく2000年頃に登場しております。

前身の14000と見た目に大きな違いはないのですが、内部的な部分で変更があり14000ではテンプがシングルブリッジだったものが、14000Mではツインブリッジになっているため安定性やメンテナンス性が向上しております。

本当に見た目では判断つきにくいのですが、リューズを回すことで判断が出来、

14000だとリューズを6時方向に回すと針が進み

14000Mだとリューズを12時方向に回すと針が進みます。

これで14000か14000Mか判断することが出来ます。

14000/エアキングの査定ポイントについて


①商品の状態

一つ目は商品の状態になります。

今回の状態というのは『外装』『内部』の事を指します。

外装は見た通り外の状態です。ケース部分やブレスレット部分のキズや汚れがあるかどうかをチェックしています。

また店頭再販の前に一度メンテナンスを行いますが、その際にメンテナンスで直るのかどうかが重要なポイントになります。

直らない例としてはキズが深く打痕になってしまっていること、メーカーでの部品手配がすでにできないなど様々な理由があります。

内部に関しては『オーバーホール』という分解洗浄が必要かどうかが重要なポイントになってきます。

費用として4~5万円ほどかかってきますのでこれが査定に含まれるかどうかは大きなポイントです。

②付属品の有無

二つ目は付属品です。

ロレックスの場合に限らずですが付属品の有無で販売予定価格に差が付く事が多いです。

 

特に保証書の有無に関して査定金額に数万の差が開く事があります。

他にも調整コマや箱なども付属品に含まれます。

最後に


最後までお付き合いいただきありがとうございます。

ロレックスは当店でも在庫が足りていないお品物になります。

壊れていても問題ありませんので是非

一度お気軽にご連絡ください。

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品