質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

細畑店のお知らせ

【自動巻きとは?】仕組みや正しい使い方など基本知識まとめ&おすすめムーブメント3選【細畑】

今回もご覧くださりありがとうございます。

いきなりですが、自動巻き腕時計について

皆さんはどこまでご存知でしょうか?

今回は自動巻き時計の仕組みや

着用時に気を付けたいこと、

メリット・デメリットといった

基本知識をご紹介します。

 

・自動巻きについて知りたい方

・自動巻き腕時計の購入を検討している方

・高性能ムーブメントについて知りたい方

におすすめの内容となっています。

おすすめムーブメント3選も

後半で簡単に紹介していますので

ぜひ最後までお付き合いください!

自動巻き腕時計の在庫はこちらをチェック⇩

持っている時計の買取金額をざっくり知りたい!

そんなときはお手軽メール査定⇩

自動巻きってなに?

まずは自動巻きがどういうものなのか、

という説明から始めていきます。

自動巻きとは、腕時計のムーブメント

(針を動かす動力源)のひとつです。

腕時計のムーブメントの種類は、

大きく分けて2種類あります。

機械式と電池式の2つです。

自動巻きは機械式に分類されます。

どういう仕組み?

さて、ここで自動巻きムーブメントの

仕組みについてお話したいと思います。

 

まず、機械式の時計の針を動かすには

ゼンマイを巻き上げなければいけません。

機械式の時計は、巻き上げられたゼンマイが

元に戻ろうとほどけるエネルギーを利用して

振り子の原理を働かせることで動きます。

 

自動巻きの場合、内部のローターと呼ばれる

薄い板型の部品が振り子の役割を担っています。

(印をつけた半円型のパーツがローターです。)

日常の腕の動きでローターが左右に回り、

自動的にゼンマイが巻かれる仕組みです。

この仕組みにより、時計を身に着けていれば

わざわざゼンマイを巻かなくても

半永久的に動き続けてくれます。

手巻きとの違い

では同じ機械式の手巻きとは何が違うのでしょう?

違いは『ゼンマイの巻き方』です。

ローターが回ることでゼンマイを巻く

自動巻きとは違い、

手巻きは手動でリューズを巻くことで

ゼンマイを巻き上げます。

リューズを最大まで巻き上げると

1日程度は動き続けますが、

そのままにしておくと止まってしまうため

毎日巻き上げる必要があります。

 

毎回リューズを巻く手間はありますが、

自動巻きと比べて使用されている部品が少なく

ケースの厚みが抑えられるため、

自動巻きより軽い着け心地のものが多いのは

手巻きの良いところですね✨

自動巻き腕時計を見分ける特徴

自動巻き腕時計の場合、文字盤や裏蓋に

Automatic』と書かれていることが多いです。

また、秒針がスムーズに動くのも

特徴のひとつになります。

秒針がカチッカチッと動くのがステップ運針

滑らかに動くのがスイープ運針といいますが

自動巻きを含め機械式腕時計は

後者のスイープ運針がほとんどです。

他にも判断する方法はありますが、

パッと見でわかるのはこのあたりだと思います。

自動巻き腕時計の正しい使い方

皆さんは自動巻きの時計を正しく使えていますか?

日常でうっかりやってしまいがちな

注意するべきポイントをご紹介します。

磁気に近づけない

日常生活での落とし穴といえば

磁気』ではないでしょうか。

現代社会では必須アイテムである

スマートフォンやパソコンといった電化製品、

バッグの開閉に使われているマグネットなどは

時計にとっては大敵です。

機械式は内部のパーツがほとんど金属なので

磁気の影響を受けやすく、

万が一磁気を帯びてしまうと

精度が落ちたり、動作不良を起こすことも。

もちろん磁気に強い耐磁性の時計もありますが

ごく一部のモデルに限られてきます。

通常の機械式の時計であれば、なるべく

磁気に近づけない、そばに置かないのが

ベターです☝

衝撃を与えない

当たり前だろう、と思われるかもしれませんが

落としたりぶつけたりといった

大きな衝撃だけではありません。

一番ありがちなのは運動をする時です。

特にゴルフや野球、テニスなど

腕を振るようなスポーツをする時は、

時計を外したほうがいいでしょう。

理由は外部からの衝撃や振動で、

内部のパーツが壊れてしまったり

歯車が狂ってしまうことがあるためです。

ジムに通っていたり運動をする習慣がある方は

気を付けてくださいね!

また自動巻きの場合、止まっている時に

時計を振る方もいらっしゃると思います。

軽く振るくらいなら問題ありませんが、

大きく激しく振るのは上記の通りタブーです。

水濡れ

防水機能の有無に関わらず、

水濡れには注意が必要です。

防水機能の高い時計であっても

濡れたままリューズを操作するのはご法度。

また、注意すべきはお風呂などのお湯です。

防水機能はあくまで『水に対して』の機能です。

水蒸気がムーブメントに入ってしまうことが

あるため、入浴時は外しましょう

自動巻き腕時計のメリット・デメリット

そんな自動巻き時計ですが、

クォーツや手巻きと比べてどのような

メリット、デメリットがあるのでしょうか。

【メリット1】毎回巻かなくていい

手巻きと違い、使用の度に巻き上げを

行なわなくていいのは良いところでしょう。

またクォーツのように電池切れで動かなくなる

といったこともありません。

自動巻きは大体8時間~10時間ほど

着用することで動きが安定します。

日常的に使うものにおいて、

扱いやすいという点は重要ですよね!

【メリット2】流通数が多く、選択肢が多い

現在多くの時計メーカーが

自動巻きを採用しています。

手の届きやすい価格帯のものから、

資産になるほど高級なものまで様々です。

クォーツより針を動かす力が強いため

複雑機構をいくつも搭載することも可能。

種類が豊富なので

自分に合った一本を見つけることができます。

【メリット3】手巻きより精度が安定している

手巻きはゼンマイが緩んでいく力で動くため、

徐々にその力が弱まることで

時刻にずれが生じてきます。

一方自動巻きは着用していればゼンマイが

巻かれるため、力が弱まることがなく

手巻きより安定した精度を保ちます。

【デメリット1】メンテナンス費用が高い

デメリットとしてまず挙がるのが

メンテナンスコストの高さです。

機械式時計は長く使うために

定期的なオーバーホールが必要です。

パーツをひとつひとつ分解して洗浄するため

費用は電池交換より高額になります。

自動巻きは手巻きに比べてパーツが多く

複雑なつくりのものが多いので

メンテナンス代が高くなることが多いです。

【デメリット2】ケースが分厚く重いものが多い

自動巻きは使用しているパーツが多いため、

手巻きやクォーツモデルと比べて

ケースが分厚かったり重いものが多いのです。

毎日着けるものなので、重いモデルだと

負担に感じる方も少なくありません。

しかし、最近は自動巻きでも

軽くて薄いモデルも増えてきています。


おすすめの自動巻きムーブメント

グランドセイコー【9Sキャリバー】

9S搭載モデル

SBGJ211/9S86-00A0

メカニカルハイビート36000 GMT

ムーブメント単体で測定した精度が

平均日差+5~-3秒という

超高精度なムーブメントです。

ちなみに通常の機械式時計の許容日差は

およそ+20~-10秒ほどとされています。

この9Sキャリバーは、クロノメーターを

上回るグランドセイコー独自の規格に則り

開発されました。

世界水準であるクロノメーターより

さらに厳しい基準を設け、

クリアしたもののみが9Sキャリバーと

呼ばれるのです。

見た目の華やかさはありませんが、

機能性、実用性ともに

世界トップレベルのムーブメントなんです。

グランドセイコーの在庫はこちらをチェック⇩

オメガ【コーアクシャル】

コーアクシャル搭載モデル

326.30.40.50.01.001

スピードマスターレーシング

続いてオメガのコーアクシャルを

ご紹介します。

このコーアクシャル機構はオメガにしか

採用されていないムーブメントです。

摩耗が少なく壊れにくい』というのが

特長になります。

通常機械式時計は3~5年に一度、

オーバーホール(分解洗浄)を

行う必要があります。

これは使用に伴い内部の油が切れ、

パーツが摩耗するためです。

一方コーアクシャルムーブメントは

パーツの摩耗を最低限に抑える

設計になっています。

端的に言えば壊れにくいのです。

そのため、コーアクシャルムーブメントの

オーバーホール間隔は8~10年に一度

推奨されています。

他のムーブメントに比べてメンテナンス間隔が

2倍になり、長い目で見ると

ランニングコストを抑えられるメリットがあります。

コーアクシャル搭載モデルの在庫はこちらをチェック⇩

ゼニス【エルプリメロ】

エルプリメロ搭載モデル

03.2080.4021

エルプリメロ クロノマスターオープン

最後にご紹介するのは

ゼニスのエルプリメロ

1969年に発表されて以来、

世界最高峰のムーブメントと呼ばれています。

その理由は高い精度と耐久性です。

エルプリメロは振動数が毎時36,000振動

高振動ムーブメントとして知られています。

振動数とは

内部の時間のペースを作る機構が

1時間(または1秒間)に動いた回数

を指します。

この振動数がなぜ重要かというと、

精度に影響してくるからです。

簡単に言えば、振動数が増えると

精度を向上させることができます。

現在の自動巻きで最も多いのは

28,800振動で、機構が動く回数は

1秒間に8回ですが

エルプリメロは1秒間に10回

また通常は振動が多くなると

その分内部機構の部品の消耗も速く、

耐久性が低くなってしまうのが難点です。

しかしエルプリメロは内部の潤滑油を

特殊なものにすることで部品の摩耗を抑え、

耐久性を上げることに成功しています。

50年以上前に開発されたにも関わらず、

現在も高性能ムーブメントの筆頭として

高い評価を得ている、素晴らしいムーブメントです!

エルプリメロの在庫はこちらをチェック⇩


お持ちの時計の買取査定はこちらから⇩

まとめ

いかがでしたか?

今回は自動巻き腕時計の基本と

おすすめムーブメント3つをご紹介しました。

これから時計を購入される方や

自動巻きについて知りたい方の

参考になれば幸いです。


オンラインショップでは様々な時計を

取り扱っておりますので

ぜひ覗いてみてください!

↓オンラインショップはこちらをタップ↓


▼かんてい局では遠方の方からの買取査定も大歓迎✨

簡単メール査定⇒宅配買取で

全国どこからでもかんてい局をご利用頂けます!

細畑店からのお知らせ

かんてい局では、

・警備員によるアルコール消毒、検温実施。

・ご来店の際はマスク着用が

 必須となります。

 着用していないお客様の入店は

 お断りさせて頂きます。

大変恐縮ではございますが、

お客様ご自身の為、

従業員の為にもご協力を

よろしくお願い致します。

★YouTubeはじめました★

現在、ロレックスやオメガ、

珍しい時計を中心に動画を

配信しております。

ここでしか聞けない

コアな内容も御座います!!

時計が好きな方にはたまらない

そんな内容となっております。

⇩⇩⇩チャンネル登録お願いします!⇩⇩⇩

作成:527

ページトップへ戻る

MENU