質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

小牧店のお知らせ

【グリーンサブ】ロレックス サブマリーナーデイト グリーンの新型、旧型の違いとは【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【小牧】

本日はロレックスのサブマリーナーデイトグリーン(グリーンサブ)の新型と旧型の違いについてお伝えしていきます。

違いをお伝えする前に、まずは「グリーンサブ」についてご紹介させていただきます。

 サブマリーナーデイト(グリーンサブ)とは

2003年にサブマリーナー生誕50周年記念モデルとして登場したのが、Ref.16610LV、通称「グリーンサブ」、海外では旧型(Ref.16610LV)=「カーミット」(セサミストリートに登場するカエルのキャラクター)、新型(Ref.116610LV)=「ハルク」(アメコミの人気キャラクター)といったニックネームがつけられています。

同時期に生産されたサブマリーナー/Ref.16610(黒ベゼル×黒文字盤)と基本的なスペックは同じですが、時針、分針、そしてインデックスが少し大型化されたため、視認性が高くなっています。

ちなみにリファレンスナンバーの「LV」は”Lunette Verte”の略称でVerte(ヴェルトゥ)は、フランス語でグリーンという意味です。

見ての通り、「緑のベゼル」を意味しています。

 

グリーンサブの新型と旧型の違いとは?

 

それでは、グリーンサブの新型、旧型の違いについて説明していきたいと思います。

まず、上記の写真を見ていただきたいです。

どちらかが新型でどちらかが旧型ですがお分かりになりますでしょうか?

正解は…

 

 

 

写真上が旧型(Ref.16610LV)

製造期間:2003年~2010年

 

写真下が新型(Ref.116610LV)

製造期間2010年~現在

となっています。

それではグリーンサブの新型、旧型の違いを5つのポイントに分けて解説していきます。

 

①ラグとリューズガードの変化

まずはラグの変化についてです。

ラグとは、腕時計のケースと一体となった、ベルト・ブレスを固定する部分ですが、写真の通り新型の方がラグのサイズが大きくなっているのがわかります。

 

つぎにリューズガードの変化ですが、こちらも旧型に比べて新型の方が大型化されている事が分かります。

ケースサイズは、旧型、新型ともに40㎜ですが、ラグとリューズガードが大きくなった事で、新型の方がケースサイズが少し大きく感じます。

 

②ダイヤルカラーの変化

旧型は黒文字盤ですが、新型は「シェル」のような質感が独特なグリーンゴールド文字盤へと変化しました。

グリーンゴールド文字盤に変化した事で、スポーツモデルの中にも、ラグジュアリーな印象がプラスされました。

 

③ベゼルの変化

旧型ベゼルはステンレス製でしたが、新型ベゼルはセラミック製へと変化しました。

ステンレスはキズはつきやすい素材でしたが、セラミックに変化した事で、キズが付きにくく、ダイバーズウォッチとしてより安心して着用できる仕様へと進化しました。

 

④ブレスレット、バックルの変化

写真上:旧型(ダブルロック式)

 

旧型のバックルはダブルロック式でしたが、新型はオイスターロック式になり、よりホールド性の高いデザインに変化しました。

どちらもダブルロック式ではありますが、新型の方がバックル部分の厚みが増したため、時計本体とブレスレットの重みにより、バランスがよくなり、腕への負担が軽減されます。

また、工具なしで長さ調節が可能なグライドロックエクステンションシステムも装備されより簡単にベルトのサイズ調整が可能となりました。

 

写真下:新型(オイスターロック式)

⑤夜光塗料の変化

旧型の夜光塗料はルミノバでしたが、新型はクロマライトに変化しています。

クロマライトはロレックスが独自に開発した夜光塗料で、発光時間はルミノバの2倍相当にあたる約8時間発光するとされています。 ルミノバは基本グリーン色ですがクロマライトはブルー色をしています。

 

 最後に

今回は、グリーンサブの新型と旧型の違いについてお伝えさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

私は個人的に「デザイン面は旧型!機能面は新型!」といったところですかね。

今後も皆様にとって有益な情報発信ができるよう更新して参りますので是非チェックしてみてくださいね!

外出自粛中にオススメの「かんてい局公式YouTubeチャンネル」です!

商品紹介やお得な情報お送りしておりますので是非見てみて下さい♪

チャンネル登録もして頂けると嬉しいです!

↓まずは下記のバナークリック↓

ページトップへ戻る

MENU