質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

細畑店のお知らせ

【保存版】知らないと損!ヴィトンバッグの新旧まとめ【細畑】

こんにちは、かんてい局細畑店です。

本日は中古市場でよく見かける

ヴィトンバッグの新旧の違い

についてまとめました!

・ヴィトンアイテムに興味がある方

・人気・定番のヴィトンアイテムの新旧が知りたい方

・中古で新型モデルのヴィトン商品をお探しの方

・今お持ちのアイテムが旧型か新型か知りたい方

・中古市場で新旧による差があるのか知りたい方

にお読みいただきたい内容となっております。

 

中古市場においてモデルの新旧というのは

非常に重要なポイントのひとつです。

中古で購入される時やご売却の際に

参考にしていただけたらと思います。


かんてい局のヴィトン商品

こちらからご覧頂けます!

ぜひチェックしてください!!💻👀

↓クリックでオンラインショップへ↓

ヴィトンの売却をお考えの方は

こちらもご覧ください☟

ヴィトン人気アイテムの新旧まとめ4選

今回は中古市場で見掛ける機会が多い

アルマ

ネヴァーフル

スピーディ

ジェロニモス

の4つの新旧の違いをご紹介しますが、

その前に!

なぜ新旧の違いを

知っておいた方がいいのかを

筆者が考えてみました☟

知らないと損!な3つの理由

ヴィトンアイテムの新旧の違いは

知っておけば絶対損をしません!

その理由は

・中古市場での大体の相場がわかる

・中古で購入する時のトラブル防止

・欲しいアイテムが探しやすくなる

の3つです。

順番に解説していきます。

大体の中古相場がわかる

新旧の違いを知っていると、中古市場での

おおまかな相場を調べることができます。

中古市場では旧型と新型で価格が

異なるものが多いのです。

同じくらいの状態なのに、価格に差がある・・・

という時は、新旧の違いによるものである場合も

少なくありません。

売却をお考えの場合や中古でご購入を検討されるなら

ぜひチェックしてほしいポイントです。


↓メール査定はこちら↓

バッグ査定フォーム

購入時のトラブル防止

ヴィトンは旧型と新型で

分かりやすい仕様変更をすることもあれば

なかなか分かりにくいような

マイナーチェンジをすることもあります。

例えばポケットの数や、内側の素材など・・・

中古でヴィトンアイテムを購入される際、

「新しいものだと思って買ったのに古い方だった!」

なんてトラブルを防ぐためにも

知っておいて損はないのではないでしょうか。

欲しいアイテムが探しやすくなる

ヴィトンアイテムをお探しの方の中には

新しいモデルを中古で少しでも安く買いたい

という方や

中々手に入らないヴィンテージモデルが欲しい

といった方もみえます。

2つめの理由と被ってはいますが

特に新型モデルを中古でお探しの方であれば

新旧の違いは知っておくべきだと思います。


それではお待たせしました!

本題のヴィトンアイテムの新旧について

ご紹介していきます☟

アルマ

丸みを帯びた形が特徴的なアルマは

2010年頃にいくつか仕様変更を

行いました。

アルマPMは底鋲とクロシェットが追加されてから

型番がM51130からM53151に変わりました。

それではアルマの4つの変更点をお伝えします。

①ポケットの数と位置

初代

発売当初から2000年代中頃までは

内側にパッチポケットが1つあるだけでした。

2000年代中頃~

2000年代中頃から、パッチポケットの反対側に

長方形のポケットがつきます。

ややマチがあるこのポケットは、

当時主流だった、いわゆる

フィーチャーフォンやガラケーと呼ばれる

携帯電話用のポケットです。

2010年頃~

2010年頃からパッチポケットと

携帯用ポケットが隣り合わせに配置されました。

 

2012年頃~

2012年頃からは携帯用ポケットがなくなり、

スマートフォン用のポケットに変更されました。

 

②ハンドル付け根の縫い方

2010年以降から、

ハンドル付け根部分の縫い方が

少し変わりました。

2010年以前はビスの下から

縫い合わせてありましたが、

2010年以降のモデルは

ビスを囲むように縫われています。

 

この変更により、万が一ビスが外れても

ハンドルの付け根がはがれることが

なくなりました。

③底鋲の追加

 

2010年頃のモデルから、バッグ本体の底に

鋲がとりつけられます。

アルマは底が平らなので自立するのですが、

地面や汚れた場所に置くと

底全面が汚れてしまったり

傷付いてしまうのがネックでした。

しかし、底に鋲が付けられたことで

直接地面に触れるのを防ぎ、

傷や汚れが付きにくくなったのです。

④クロシェットの追加

クロシェット(キーカバー)の追加も

2010年頃からになります。

ヴィトンのバッグには鍵とパドロックが

付いていることが多いのですが、

鍵のほうはバッグに収納する場所もなく

つい失くしがち、という方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

実際中古で入荷するヴィトンバッグには

鍵が付いていないことも多いのです。

しかしこのクロシェットが付いたことで、

鍵を紛失しにくくなりました!

 

以上4点がアルマの新旧による変更点です。

特にポケットは時代の流れに合わせて

変更されており、ルイヴィトンの

時代の変化に柔軟に対応していく姿勢が

顕著に現れていますね!

 

かんてい局のアルマはこちらから☟

ネヴァーフル

2007年に発表され、現在も絶大な人気を誇る

ネヴァーフルは、2014年頃にリニューアルしました。

それに伴い、型番も変化しています。

モノグラムの内側がベージュのモデルだと

PM:M40155M41000

MM:M40156M40995

GM:M40157M40990

というように変更されました。

では、4つの違いを挙げていきます。

①ポーチの追加

新型のネヴァーフルには、旧型にはなかった

ポーチが付属するようになりました。

バッグ内にはファスナーポケットが

1つのみなので、ポーチによって

収納スペースが増えたことになります。

②内側の模様

旧型はストライプ柄に、モノグラムなどで

お馴染みの星と花のモチーフが入っていました。

新型になるとストライプのみになり、

よりシンプルな見た目に👀

③ロゴの字体

ファスナーポケット部分にある、

ブランドロゴの字体も変更されました。

旧型は筆記体でしたが、

新型はゴシック体になっています。

ヴィトンのロゴといえばこの字体の

イメージがあるので、個人的には

新型のほうがしっくりくるのですが

ここは好みが分かれそうですね!

④ポケット内の素材

なかなか気づきにくい所ですが

ファスナーポケット内の素材も変わっています。

旧型はポケット内がビニールで

コーティングされていました。

新型になるとコーティングがなくなっています。

これは防水性や耐久性などを考慮して

施されていたビニールコーティングが、

経年劣化により剥がれてしまうことを受けて

改良されたそうです。

 

外側の見た目は変わっていませんが、

内側を見ると一目でわかるようになっています。

使用感を左右するのはポーチの有無

内ポケットのコーティングです。

 

ネヴァーフルは中古でも大変人気ですが

新旧のこだわりが特にない方でしたら

旧型の方がやはり価格は抑えられますので

狙い目ですよ!

買取に出される際は、新型の場合

ポーチがないと査定額が下がりますので

ご注意ください💦

 

ネヴァーフルをお探しの方はこちら☟

スピーディ

1930年代から愛され続けている

定番バッグのスピーディですが、

こちらも細かい仕様変更がされています。

また2015年頃に型番の変更がされました。

モノグラムでは

25サイズがM41528M41109

30サイズがM41526M41108

35サイズがM41524M41107

40サイズがM41522M41106

に変更されています。

 

スピーディは主に2点の変更箇所があります。

①ハンドル付け根の縫い方

これはアルマと同じで、ハンドルの付け根の

ビスを囲うような縫い方に変わりました。

こちらが旧型で☟

 

こちらが新型☟

ハンドル部分の強度が増したのは、

使用する側にとってはありがたいですよね。

②ポケットの仕様

旧型ではオープンポケットでしたが

新型ではファスナーポケットに変更されました。

 

この変更により、細かい貴重品を

気兼ねなく収納できるように!

また、ポケット内のコーティングも

ネヴァーフル同様なくなりました。

 

かんてい局にあるスピーディは

こちらからご覧ください☟

ジェロニモス

2000年頃から2018年頃まで発売された

人気のボディバッグです。

このジェロニモスは初期・中期・後期

3パターンのモデルがあります。

ジェロニモスは仕様が変わっても

型番の変更はありませんでした。

4点の変更箇所がありますので

チェックしてみてください。

①ベルト金具の取り外し

初期モデルと中・後期モデルでは

ベルト金具の取り外しが出来るかが

見分けるポイントになります。

初期モデルは金具が外せません

中・後期は金具が外せるようになっており

ベルトの着脱がスムーズに

出来るようになりました。

②ファスナーの数

中期まではダブルファスナーでしたが、

後期のみシングルファスナーになっています。

シングルになったからといって

特に不便さは感じませんでしたが、

こだわりがある方は選ぶ際に注意してください。

③外ポケットの仕様

バッグ本体の背面ポケットも

後期モデルのみ変更されました。

中期まではマジックテープがついています。

後期モデルはマジックテープがなくなり

オープンポケットになりました。

④内側のカラー

使用感には影響はありませんが、

バッグ内の布のカラーも変わっています。

初期、中期は朱色のような色ですが、

後期はブラウンになりました。

1枚目が中期モデル。

2枚目が後期モデルです。

ジェロニモスは主に後期から大幅に

モデルチェンジしている印象です。

個人的にベルト金具の取り外しが出来るかが

使用感に関わる大きな違いだと思いますので

購入される時はチェックをお忘れなく!

 

かんてい局のジェロニモスは

こちらからご覧になれます☟

売る時はどっちが高い?

新旧では買取相場が異なります。

結論から言うと、新型の方が

買取相場は高い傾向にあるのです!

理由としては、

機能面やデザインが改良されていたり、

新型のほうが人気が高いことなどが

挙げられます。

もちろんお品物の状態や付属品の有無で

金額は変わってきますので、

査定の見積もりをご希望の方は

ぜひお電話やメールで

お問い合わせ下さい!

↓メール査定はこちら↓

バッグ査定フォーム

↓お問い合わせはこちらをタップ↓

買う時も新型の方が高いの?

中古で同じ程度の状態だった場合、

販売価格も新型のほうが

高く設定されることが多いです。

販売スタッフの体感ですが、

新型の方がやはり人気がありますので

その分相場は高くなります。

逆に新旧のこだわりがないのであれば

旧型の商品のほうが価格が抑えられるので

狙い目になっております✨

特にネヴァーフルやジェロニモスは

新型の人気が非常に高く、

入荷後すぐ売れてしまうことも珍しくありません。

旧型も人気ではありますが

新型ほど入手困難という訳ではないので、

購入をお考えの方は

ぜひ旧型も選択肢に入れて探してみてください!

↓オンラインショップはこちらをタップ↓

まとめ

今回はアルマ、ネヴァーフル、スピーディ、

ジェロニモス、ジッピーウォレットの

旧型と新型の違いをご紹介しました。

使用感が大きく異なるような変更点は

あまりないですが、知っておくと

買取や購入の際に便利かもしれません(*‘∀‘)

ヴィトンには他にもマイナーチェンジをしている

商品がありますので、興味のある方は

ぜひ調べてみてくださいね🌸


かんてい局細畑店にはこの他にも

ヴィトン商品をお取り扱いしています。

下記バナーからすぐご覧頂けます!

ぜひチェックしてください

↓オンラインショップはこちらをタップ↓

細畑店からのお知らせ

かんてい局では、

・警備員によるアルコール消毒、検温実施。

・ご来店の際はマスク着用が

 必須となります。

 着用していないお客様の入店は

 お断りさせて頂きます。

大変恐縮ではございますが、

お客様ご自身の為、

従業員の為にもご協力を

よろしくお願い致します。

★YouTubeはじめました★

現在、ロレックスやオメガ、

珍しい時計を中心に動画を

配信しております。

ここでしか聞けない

コアな内容も御座います!!

時計が好きな方にはたまらない

そんな内容となっております。

⇩⇩⇩チャンネル登録お願いします!⇩⇩⇩

 

ページトップへ戻る

MENU