質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

北名古屋店のお知らせ

【機械式と電池式の違いとは?】腕時計の選び方をお伝えします!【北名古屋】

皆さんこんにちは。
かんてい局北名古屋店です。

本日は腕時計の駆動についてご紹介させて頂きます。

腕時計の駆動の種類は『機械式』『電池式』の大きく分けて2つの種類があります。

それぞれメリット、デメリットがありますのでご紹介させて頂きます。
この記事は
・腕時計について知りたい方
・腕時計の駆動の違いを知りたい方
・それぞれのメリット・デメリットを知りたい方
に是非読んでいただきたい記事になります。

機械式の腕時計

機械式の腕時計は手巻き、自動巻きと様々ありますが、それらを一まとめにして機械式と呼びます。
機械式時計の仕組みをとても簡単に説明させて頂くと、「ゼンマイの動力によって動く時計」です。

小さな歯車を始めとする部品の組み合わせで動いているので複雑なつくりとなっています。

☟機械式腕時計の購入はコチラから☟

機械式時計のメリット

電池切れの心配がない

電池切れの心配がないということは、使いたい時に使うことが出来るという事です。
休みの日にしか腕時計を使わないという方も時間の調整の手間は有りますが、電池切れで動かないなんて言うことはありません。

メンテナンス次第で長く使える事

メンテナンスに関しては平均3~5年、メーカーによっては10年に一度メンテナンス(オーバーホール)を行う必要がありますが、仮に故障したとしても壊れた箇所を交換するだけで使うことが出来るので何十年、または一生使う事も出来ます。

ステータス性と高い資産性

機械式時計は構造が複雑で電池式時計と比べると価格が高い傾向にあります。
高級腕時計はそのほとんどが自動巻き(機械式)の時計で作られており、圧倒的なステータスとなります。
もちろん資産性も高く、特にロレックスなどに関しては年々相場が上がりつつあり、中古相場は定価よりも高くなっています。

☟買取価格が知りたい方はこちら☟時計査定フォーム

☟腕時計に関するお問い合わせはこちらから☟

機械式時計のデメリット

こまめな調整が必要

機械式の時計は後に紹介するクオーツ(電池式)時計と比べると精度が悪く、毎日数秒ズレていきます。
その他にもしばらく使用しないと時計が止まり、その度に日付や時間を合わせる必要があります。
時計好きであれば苦に思う事も少ないと思いますが、一つ手間が増えてしまう事に変わりはありません。

メンテナンス費(オーバーホール代)が高い

機械式時計は寿命が長い代わりに、定期的なオーバーホールが必要となります。
内部のパーツは壊れていないか、油は十分かなど、数年に一度機械をバラバラにして点検作業が必要なのです。(人間でいう定期健診みたいなものですね。)
この作業には費用が掛かり、メーカーでのメンテナンスだと数万~十数万、パーツ交換が必要だと物によっては20万を超える場合もあります。
腕時計を始めて持つ方には思わぬ落とし穴になりやすいポイントなのでご注意ください。

衝撃や磁器に弱い

機械式時計は先程述べた通り、小さな歯車などが集まって出来ている物になりますので大きな衝撃によってパーツの位置がズレたり、取れたりすることもあります。
更にゼンマイなどが磁気を帯びると正確に時を刻めなくなり、時間が大きくズレる原因にもなります。
腕時計も精密機械ですので取り扱いには注意してくださいね。

☟機械式腕時計の購入はコチラから☟

☟腕時計に関するお問い合わせはこちらから☟

電池式時計

電池式時計は電池を動力として動いています。

内部に水晶があり、水晶を振動させることで時を刻むことからクオーツ時計とも呼ばれます。
電池式の中にもソーラーなど光で発電するタイプもありますが、今回は一般的な小さなボタン電池で動く時計を中心にお話していきます。

☟電池式腕時計の購入はコチラから☟

電池式時計のメリット

時間が正確

電池式時計の最大のメリットとして、その精度の高さにあります。
電池式時計は電気で動くものですので、精度は非常に高く平均で月差±20秒(日差は約1秒以内)と機械式時計と比べると大きな差があります。
電池が切れない限り時間合わせの必要性もなく、非常に扱いやすい腕時計と言えます。

低価格帯のものが多い

電池式時計は機械式の時計と比べると機構がシンプルで大量生産が可能な為、生産コストが低く値段も安い傾向にあります。
オーバーホールの必要性もほとんどなく、2~3年に一度行うだけでそれも数千円で済みます。

機械式時計と比べて軽い

 

電池式時計はシンプルな設計で使われているパーツの数も少ないのでその分軽いものが多く、長時間使用していても苦にならないものが多いです。
腕時計の選ぶ際に見落としがちですが、重量は着用しててダイレクトに響くポイントですので少しでも軽い時計がいいという方はクオーツ時計がオススメです。

☟腕時計に関するお問い合わせはこちらから☟

☟電池式腕時計の購入はコチラから☟

電池式時計のデメリット

寿命がある

電池式時計は内部の電子回路が寿命を迎えてしまうと使えなくなります。
この場合は修理というより機械の交換となりますが、その際の費用が高く新しく電池式時計を買った方が安い場合もある為、永く愛用したい場合にはそれなりのコストがかかってきてしまいます。

資産性が乏しい

低コストで大量生産が可能で永く使い続けることが難しい点から機械式時計と比べると資産性が低くなります。
ロレックスを始めとする腕時計のように価格の高騰を期待するのは難しく、買取りの際には定価との開きが大きくなりやすいです。

☟買取価格が知りたい方はこちら☟時計査定フォーム

☟腕時計に関するお問い合わせはこちらから☟

まとめ

機械式と電池式は結局の所、一長一短となっています。
ステータス、資産性、腕時計の魅力を語る上では機械式時計
コスト、精度、使いやすさを重視するなら電池式時計
となります。
腕時計は結局の所自分自身で使うものになりますので、自らが腕時計に対してどんなポイントに重きを置くか、これによって変わってきます。
より正確な時刻を知りたいのであれば電池式ですし、ステータスや資産性を重視するのであれば機械式です。
腕時計を購入する際には「自分が腕時計に対して何に期待しているのか」この点をしっかりと持つことが出来れば自分に合った時計を見つけることが出来ると思います。

かんてい局では時計のオーバーホールや電池交換等のメンテナンスも行っておりますので修理の際にも是非ご利用ください。

☟買取価格が知りたい方はこちら☟時計査定フォーム

☟腕時計に関するお問い合わせはこちらから☟

ページトップへ戻る

MENU