質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

細畑店のお知らせ

【腕時計】故障の原因4選!長く使うための修理と買取に出すタイミングの紹介!【細畑】

皆さまこんにちは!

かんてい局細畑店です。

今回は『腕時計の故障』についてお伝えさせて頂きます。

どんな高級腕時計でも精密機械ですので、

様々な要因で壊れてしまいます。

どうしたらいいのか、なんてことを多々相談頂きます。

そこで今回は

・よくある故障の原因

・壊さずに長く使う方法

・壊れてしまったらどうしたらいいのか

をご紹介していきたいと思います!

参考にしていただけたら幸いです。

それではご紹介致します!

 

修理や買取については下記からお問い合わせください👇

故障の原因4選

①水没

よく聞くのが『水没』です。

最近の腕時計はダイバーズウォッチでは無くても高い防水性を備えたモデルが

多く登場していますが、

構造や使い方を知らないと水が入り、故障の原因となってしまいます。

まず腕時計の防水機能の構造として

内部に水が入らないようにパッキン(ゴム)で密閉されています。

ゴムなので、経年劣化によって密閉性が弱まり、水が入ってしまうパターン

多くあります。

次に使い方を間違えて水が入る要因としては、

時間を合わせるためにリューズを引いて調整しますが、

調整後、リューズが完全に閉まりきっておらず、その隙間から

水が入ってしまうパターンを良く聞きます。

ゴムの劣化に関しては後述する『メンテナンス』を定期的に行なってください。

リューズに関してはしっかり閉まりきったか確認してから使うようにしましょう。

 

②強い衝撃

冒頭にも触れましたが腕時計は『精密機械』です。

強い衝撃の主な例としては落下です。

装着の際や着脱の際に落下してしまうと思いますが、

これに関しては気を付けて頂くしかありません。

『精密機械』だという事を頭に入れておいて頂ければ

注意して使用して頂けると思います。

 

買取をお考えの方はお気軽にご相談ください!👇

③操作方法の間違い

どんなものでも同じですが、誤った操作方法をしてしまうと

故障の原因となってしまいます。

特に機械式腕時計の場合、カレンダー(日付)の変更をしてはいけない

時間帯があります。

それは午後20時~午前4時の間です。

この時間は中の機械が日付変更の準備に入っているタイミングになりますので、

手動で日付を変えてしまうと負荷がかかり、故障してしまいます。

そのため日付を変更したい場合はまず時間を上記の時間以外に設定してから

日付を合わせるようにしてください。

最近は技術も向上し、禁止の時間帯が無く、いつでも変更してもいいという

モデルも登場してきていますので、腕時計を購入される際は確認される事を

オススメ致します。

 

例えばロレックスのエクスプローラーⅡは日付禁止の時間帯が

無いモデルとなっています。

 

ブランド:ROLEX【ロレックス】

型番:226570

モデル名:エクスプローラーⅡ

 

④部品の劣化

水没の項目でも少し触れましたが、部品の劣化も故障の原因です。

パッキン(ゴム)の劣化もそうですし、歯車を正常に回すための

油の切れや固着、歯車そのものも摩擦による劣化など、

色々考えられます。

クォーツの時計でも電池からの液漏れなども故障の原因なので、

電池切れのまま放置しておくのは良くありません。

少しでもおかしいなと感じたら修理の相談をされる事をオススメ致します。

 

修理や買取については下記からお問い合わせください👇

腕時計の修理(メンテナンス)

①オーバーホール

機械式(自動巻き・手巻き式)の時計は『オーバーホール』という修理(メンテナンス)が

必要になります。

自動車の車検のようなものだと思ってください。

期間としては4年~5年に1度行うことが推奨されています。

オーバーホールはメーカーでも行うことも出来ますし、

街の時計屋や、当店かんてい局でも可能です。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

メーカーの修理は保証も付きますし、なにより安心感がありますが、

その分費用は割高です。

反対に町の時計屋だと技術力はバラバラですし、

店によっては社外部品を使用して、

今後メーカー修理が通らなくなる可能性もあります。

ただその分メーカーよりは安い金額で設定されています。

かんてい局では、純正部品を使い、メーカー修理が通る修理を

してくれる業者と業務提携しておりますので、

ご安心ください!

メンテナンスをお考えの方はお気軽にお問い合わせください!👇

②電池交換

クォーツ時計の電池交換もちゃんと行ってください!

電池の寿命は約1年半~2年ですので、そのくらいの周期で電池交換を

行う事をオススメ致します。

電池が切れたまま放置していると液漏れが起こり、機械そのものを

壊してしまいます。

そうなると電池を交換しても動かず、機械を丸ごと交換という事にも

なりかねない為、ご注意ください。

もちろんかんてい局でも電池交換可能です!

 

買取をお考えの方はお気軽にご相談ください!👇

修理に出すか迷われている方

腕時計を修理に出すかどうか迷われている方はぜひかんてい局細畑店に

ご相談ください!

かんてい局細畑店であれば修理も受け付けていますし、

買取も出来ます!

買取に出して新しい時計を買うという選択肢も生まれますので、

ご相談頂けたらと思います。

 

また単純に修理をすれば買取金額が上がるというわけでもありませんので、

修理前に買取の相談を頂きたいです。

例えばロレックスをメーカーでオーバーホールをしようと思うと

約8~10万円程の費用がかかります。

この際に部品も現代のものに変えられてしまいます。

特にアンティークのものはアンティークとしての価値が無くなって

しまい、買取金額が安くなり、修理代がもったいなく感じてしまうと

思います。

またメーカー修理が出来ないような修理をされていると、

買取そのものが出来なくなることもあります。

そのため、買取か修理か迷われている方は、一度ご相談ください!

 

お気軽に下記からお問い合わせください👇

最後に

本日は腕時計の故障の原因と修理についてご紹介させて頂きました。

しっかりメンテナンスをすれば末永く使える腕時計です。

修理をして使い続けるか、修理前に買取に出して新しいのを買うか、

考える方は多数見えると思いますので、

かんてい局細畑店にご相談ください!

お客様にとって最善の提案をさせて頂きます。

スタッフ一同お待ちしております!

 

 

 

 

ページトップへ戻る

MENU