質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

春日井店のお知らせ

ヴィトン「スカーフ」の素材を知ろう!シルク・ウール素材別の正しい手入れ方法を学びたい!【春日井】

こんにちはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああ✋

本日もかんてい局のブログをご覧頂き

ありがとうございます✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

 

本日は、ヴィトンの人気ファッション小物である、

「ショール」や「スカーフ」についてご紹介します。

スカーフそのものだけでなく、併せて素材についても解説致します!

ぜひチェックしてみてくださいね(‘ω’)ノ✨

こちらのブログでは

・スカーフ・ショールってそもそも何だろう?

・よく使われている素材は何?素材それぞれの特徴や手入れ方法は?

・ヴィトンおすすめのショールやスカーフをご紹介!

の3点を重点的に解説いたします。気になれた方は是非ご覧ください♪

では早速スタートです!

在庫確認や状態確認は、お気軽にお問い合わせください。

下のバナーからお電話がつながります☟

◆スカーフ・ショールってそもそも何だろう?

「スカーフ」や「ショール」はよく同じような

意味合いで使われていることが多いアイテムですが、

厳密にはどんな違いがあるのでしょうか。

簡単に説明していきたいと思います。

1.スカーフとは?

スカーフを簡単に言うと「正方形の薄手の布」です。

スカーフは主にファッションのアクセントに用いられることが多いので、

特に防寒対策としては用いられません。

メインの用途は装飾用です。

・頭に巻く、覆う

・首元に巻く(ネックレス的な用途)

このような使い方で用いられる正方形の薄手の布がスカーフです。

近年では、バッグのハンドルに巻いて使うことも増えてきています。

また、女性が使うイメージが強いですがデザインによっては、

男性もファッションに取り入れたりする事も多いようです。

 

2.ショールとは?

ショールは、「スカーフ」とも「ストール」とも混同して

使われることが多いですが、基本的には大判で、厚めの布を指します。

スカーフとは違い、防寒用途で使われます。

ただ、同義語のように使われる「ストール」は「マフラー」のように

首に巻き付けることが多いですが、

「ショール」の場合は、巻き付けることはしません。

・三角に折り、肩にかける

・頭に被る(頭巾の様なイメージ)

これらがメインの用途です。

民族衣装の頭巾のようなイメージもありますね!

ショールの場合は、男性用途はほとんどなく、女性がメインで使用します。

 

 

スカーフとショールの違いについてお分かりいただけましたか?

(ストールやマフラーなども出てきましたが…(‘ω’)笑)

違いが分かったところで、ここからは本題✨

「スカーフやショールに使われている素材」について解説いたします。

 

他のヴィトンのショールが気になる方はこちらの画像から☟

◆ブランドのショールやスカーフに使われている素材と手入れ法は?

今回ご紹介するヴィトンのスカーフやショールに使われている

素材は、「シルク」「ウール」「レーヨン」「ポリエステル」です。

ハイブランドなどのスカーフ類にはほとんど「シルク」が使われ、

厚みを出すために「ウール」などの素材も併用されています。

ここからはそれぞれの素材の特徴や、手入れ方法などご紹介します。

1.シルク

シルクとは

シルクは天然繊維のひとつ。

蛾の幼虫である「蚕」が作る「繭」から採れる繊維です。

1本の極細繊維は、人間の皮膚などと同じアミノ酸などの

タンパク質で作られていますので、人間の肌にも優しい繊維です。

上品な光沢・艶が特徴で、極細な繊維から成る生地は、

薄手で、軽量、滑らかな肌触りとなります。

吸湿・放湿・保湿性にも優れている繊維なので、

アトピーの方や敏感肌の人にも優しいのがメリットですね。

デメリットとしては、繊細な繊維であるということ。

摩擦に非常に弱いため、服として着用するときには注意が必要です。

手入れ方法

シルクは普通に洗濯機で洗うことができません。

家庭で洗う場合は・手洗い・陰干しが必須となります。

日光に当てすぎると、日焼けのように黄色く変色するため、

注意してください。

きちんと手入れしたい場合は、ドライクリーニングが必須です。

2.ウール

ウールとは

ウールはみなさんご存じな方も多いと思いますが、

「羊毛」➡羊の毛です。

イメージ通りふわふわ・もこもこ・暖かい素材です。

シルクと同じ、天然繊維で、空気を多く含むため防寒性に優れています。

羊の毛から、毛糸が作られ、代表的なのはセーターなどのニット類。

ですが、熱伝導率が良いため、冬は暖かく、夏は涼しいのが特徴。

意外に夏の衣料としても利用されています。

細い繊維などと組み合わせて使うと、厚みが生まれる為、

混ぜて使用されることがあります。

メリット・デメリットを補うように繊維同士を組み合わせると

万能な布が生まれます。

手入れ方法

水に濡れると硬くなり縮んでしまう性質があり、

フェルト状になることがあります。

家庭で安易に洗うことができません。(ウール100%の場合)

ウールは汚れの付きにくい性質であるため、

毎度毎度、洗う必要はないのですが、

普段のお手入れとしては

・埃やゴミを払う・繊維を整える為に、

洋服用のブラシでブラッシングするのが一番の方法です。

この方法は、先述の通りウール100%での場合ですので、

シルクなどと混ぜて使っているものには適用できません。

汚れが付いた場合、他の繊維と混ぜている場合は、

こちらもクリーニング店にてドライ洗浄を行ってください。

 

3.レーヨン

レーヨンとは

レーヨンは、簡単に言うと「絹を模して作った繊維」です。

人工的に作られ、素材面で最後は土に還る素材これを「再生繊維」

と呼び、レーヨンはこの再生繊維です。なんと原料は木材パルプ!

紙と同じです。なので土に還るんですね!

シルクに似た繊維の為、手触りや光沢もシルクに似ています。

シルクは高級品なので、少しでも安価にしようと考え作られたレーヨンは

柔らかくとろみがあるので、ドレープ性に優れ、涼しい素材なので、

夏向けの衣料にぴったり。高級衣料の裏地などにも使われている素材です。

※画像はレーヨン混のものです。

 

手入れ方法

レーヨンも水に弱い繊維です。

水に濡れると、縮み上がってしまうことがあるようなので、

こちらも家庭の洗濯機では容易に洗えません。

洗いたい場合はドライクリーニングをオススメします。

シルクとともに混ぜて使われることもあるので、

やはり、家庭での洗濯は避けるべきだと思います。

 

4.ポリエステル

ポリエステルとは

主原料が石油の合成繊維です。

有名なのが「PET」。ペットボトルの主原料にもなっています。

合成繊維はレーヨンなどの再生繊維とは違い、土に還りません。

天然繊維に似せて作ることもできるので、

様々な製品に変身します。

シルクなどよりも格段に摩擦にも強く、

また、水に濡れても縮みにくいく型崩れも起きにくいのがメリット。

耐久性に優れ、長持ちする繊維です。

速乾性に優れていますが、これは吸水性が低いため。

インナーとして直接肌に触れるように切るのは

不快感がありますので、オススメしません。

※ポリエステル素材のバックパックです。

 

手入れ方法

ポリエステルは、上記の3繊維と違い、

家庭で洗濯をすることができます。

ただ、汚れや色を吸着しやすいので、

汚れものなどと一緒に洗うと、その汚れが付着して

しまうことがあるので、注意してください。

また、高熱になると溶ける可能性もあります。

乾燥機・アイロンなどで高温になってしまう場合は

形が崩れたり、溶けたりすることがあるので、注意が必要です。

 

 

それぞれの素材とそのお手入れ方法は以上です。

今回ご紹介するショールのように複数の素材が混ざっている場合は、

最適なお手入れ方法が洗濯表示タグなどに記載されているので、

それに従うのが最適です。

間違ってもご家庭の洗濯機などで安易に

洗濯する事はしないようにしてください。

 

「ヴィトンのスカーフが欲しくなったけど、今手持ちが無い!💦

タンスで眠ってる要らないもの、お金になるの?」

そんな方はこちらから☟

スマホで簡単。写真を撮影するだけで査定が可能です。

◆実際にご覧いただけるヴィトンのスカーフをご紹介!

ここからは、かんてい局春日井店でご購入頂ける、

ヴィトンのスカーフを2点ご紹介していきます!!

1.M75123 ショールモノグラム

●型番:M75123

●商品名:ショールモノグラム

●素材:シルク47%/レーヨン26%/ウール17%/ポリエステル10%

●カラー:ブラック×シルバー系

●オンラインショップ販売価格:44,800円(税込み)

 

ブラックとシルバーメタリックの配色で織られた

クールな印象のショールです。

首元に巻いて、防寒&ファッションのアクセントにすることも、

ひざ掛けとしてちょっとした寒さ対策にも、

夏の日よけにも大判なので、様々な用途で使うことができます。

シルク・レーヨン・ウール・ポリエステルの4素材を使っているので、

肌ざわり・質感など、様々な面で楽しむことができます。

シルク特有の光沢、ウール特有の厚手感がある為、

両方の素材の良いとこ取りができるお品物です(*’ω’*)

また、4つの素材を合わせているために、シワにもなりにくく、

保管時の畳み皺もできにくいのが良い点ですよね★

 

2.カレ・ヨッティング(大判スカーフ)

●商品名:カレ・ヨッティング(大判スカーフ)

●素材:シルク100%

●カラー:オレンジ系

●店頭販売価格:17,980円(税込み)

 

鮮やかなオレンジカラーが特徴。

シルク100%特有の艶、薄さ、張りなどが楽しめます。

小さめのモノグラムパターンなので、柄だけが目立つことなく、

普段使いしやすいアイテムです。

薄手なので、春・夏・秋の3シーズンに最適です。

※こちらの商品は、最新入荷の為、

現時点ではオンラインショップに掲載されておりません。

店頭販売のみとなります。掲載次第更新致しますのでご了承下さい。

 

他にもヴィトンの小物がたくさん!こちらの画像から購入可能☟

◆最後に

いかがでしたか?

今回は、ヴィトンの人気ストールと併せて

素材をひとつひとつ解説して参りました。

お手入れ方法などもご理解いただけましたでしょうか?

現在の在庫状況や、状態など商品について

どんなことでもお問合せ下さいね(*´з`)✌

在庫確認や状態確認は、お気軽にお問い合わせください。

下のバナーからお電話がつながります☟

また、この記事をお読みいただき「欲しくなった」と

思って頂いた方、オンラインショップにも掲載して参りますので、

そちらもぜひご確認頂ければと思います(‘ω’)ノ

ではまたお会いしましょう👋

 

 

○●○●【ご来店される皆様へお願い】○●○●

新型コロナウイルス感染予防の為、

以下の内容のご確認・ご協力をお願い致します。

・ご入店の際はアルコール消毒・マスクの着用をお願い致します。

マスクを着用していないお客様の販売コーナーへの立ち入りはお断りさせて頂きます。

・質、買取コーナーに関してもアルコール消毒を行って入って頂きますが、マスクは極力着用の上でご来店をお願い致します。

大変恐縮ではございますが、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

かんてい局公式のYouTubeチャンネルを開設しました!

商品の紹介や鑑定士ならではの話が満載です\(^o^)/

下記のバナーからアップロードしたものが見られますので是非ご覧ください。

ページトップへ戻る

MENU