質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

大垣店のお知らせ

ヴィトンのキャリーケース「ペガス」の中古で買う時の注意点|旧型新型の違い【大垣】

皆さんこんにちは。かんてい局大垣店です。

今日はペガスについてお話させて頂きます。

ペガスとは

ペガスとはヴィトンから出ている旅行バッグ(キャリーケース)の名称です。

多数のサイズ・ラインで展開されていた「旧型ペガス」、より軽量化したスマートなキャリー「新型ペガス」の2タイプがあります。

今回はこちらをご紹介していこうと思います。

ペガスの名前の由来

ペガスという名称の由来については、ギリシャ神話の天馬・ペガサスのフランス語読み(Pégase)と考えられます。

モノグラムやダミエを使用していて一目でヴィトンだ!と分かるのが人気の一つです。

これだけ大きい物ですしスターテスアイテムとしても有効ですよね。

旧型ペガス

旧型は主に45・50・55・60・65・70の6つのサイズで展開されていました。

中も収納力抜群でガーメントカバーもつける事が可能です。

 

さてこの旧型のペガス。

二つだけ問題点があるのです。

横のゴムが劣化してしまう

 

ペガスは横置きにも対応できるようゴムが取り付けられていました。

しかし何年も使用する事によりこれらが劣化してきてしまうのです。

最終的に上記の様に割れが出てこれば行く先は全てこれがベロンと剥がれてしまいます。

その為中古品を買う時は注意が必要です。

タイヤも劣化してしまう

このキャリーケースを引っ張る上で重要なコロコロタイヤ。

これも劣化して割れてしまうのが問題点です。

ヴィトンでこのローラーの修理は受け付けてくれますがやはりお値段は結構してしまいます。

タイヤもよく見て購入するのが良いでしょう。

そんな問題点を解消する新型ペガスレジュール

出典:https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/pegase-legere-55-monogram-canvas-010018

今までのペガスと何が違うのかと言いますと機内持ち込み可能サイズになった事です。

また新型の物は今までのサイズ展開は無く55cmサイズのみのワンサイズ展開です。

そして今までの問題点が全て解消されたモデルとなっております。

出典:https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/pegase-legere-55-monogram-canvas-010018

もちろん横のゴムは無くなりタイヤも改良されています。

全ての弱点を克服したと言っても過言ではないこのモデル究極ですよね。

かんてい局にはまだ入ってきていないので見てみたいものです。

旧型ペガスは買わない方がいいの?

いえ、そんなことはありません。

旧型ペガスにはなんといってもサイズ展開という大きな強みがあります。

やはり、荷物が多い方などはこのサイズ展開で大き目のサイズを選ぶ事ができるのは非常に魅力的です。

そして、ゴムの劣化もタイヤもヴィトンで修理をする事が可能ですので

中古品でお買い上げして大切に使って行くというのも一つの手です。

定価から見ると中古であれば30万円程安く買えるのも魅力です。

その為選択肢としては非常に良いと思います。

下記バナーでかんてい局で買えるペガスを集めてみましたのでぜひご覧ください。

オンラインショップはこちら↓をクリック

👇お電話での問い合わせはこちら👇

最後に

いかがでしょうか。

購入を迷われている方は

ペガスの中古購入時の注意に気を付けて素敵なバッグをお迎えしてあげて下さい。

まだまだ人気の衰える事の無いぺガス。

旅行をワンランク上にあげるためにもいいかもしれませんね。

 

 

ページトップへ戻る

MENU