質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

春日井店のお知らせ

今更聞けない・・・時計の基本操作や使い方をご紹介致します♪【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【春日井】

こんにちは。

かんてい局春日井店です!

本日は時計ユーザーの方ならご存知の方は多いと思いますが、

時計の基本の操作をご紹介させて頂きます♪

時計の使い方

①ねじ込み式リューズの開放&ロック仕方

①ネジ込み式のリューズを操作する際は、まずネジを緩めて

リューズが完全に浮き上がるまで開放状態にします。

②リューズが開放されたら、1段か2段引き出して時刻合わせや日付けなどの

調整作業を行います。

③操作後は、リューズをネジ込んで元の位置へ。

※しっかりとネジ込まないと防水性が損なわれるので慎重にする。

注意

リューズ部分は繊細なので、引き出す際は真っ直ぐソフトに。

腕に着けたままだと斜め方向に力が加わるので、外して操作をしてください!

②ゼンマイの巻上げ

①ネジ込み式リューズを開放した状態で、そのままリューズを回せば、

ゼンマイを巻き上げることができます。

②巻き上げる際は、一定方向へゆっくり回し続けるのが正しい方法。

※早く巻くと巻き上げ機構を傷めるので注意して下さい。

③おおよそ30~40回転ほどさせれば巻き上げ完了。

※巻き上げ回数は機種によって事なるので購入時に確認してください!

注意

自動巻きのゼンマイを早く巻こうと時を強く振るのは、部品を傷めるので危険。

手巻き方向に巻いた方が安全です。

③時刻(針)の調整をする

①ネジ込み式のリューズを開放したら、時刻調整が可能な位置まで

2段リューズを引き出す。

②ハック機能付きの場合は、リューズを2段引き出した瞬間に

秒針が止まるので、タイミングよく0で停止。

ハック機能とは時刻を秒単位で合わせることや、秒単位で時間を

合わせる際にリューズを引いて、ムーブメントの動力を

針に伝えなくし秒針を止めておくことを言う。

③時報に合わせてリューズを押し戻せば、調節は終了です。

戻した瞬間にハック機能も解除されて秒針も動き出します。

注意

分針は合わせたい時刻より先に15分程度進めておき、

戻すように調整すると、歯車『遊び』が抜けて

ピタリと合わせやすくなります。

④日付(デイト)の調整をする

①日付調整は午後8時~午前4時の間は行ってはいけないので、

まず時刻がNGゾーンかどうかを確認する。

②NGゾーンにある場合は、時刻(時針)を安全な時間帯(午後6時など)

仮に移動させておく。

③リューズを1段引き出して日付を合わせた後、

時刻を元の正しい表示へ戻しておきます。

注意

NGゾーンでは、日付や盤とそれを送る部品が噛み合った状態に。

このまま日付調節すると部品の損傷を招くので要注意です!!

※NGゾーンは機種によって微妙に異なる例もあるので、

調整前に必ず購入店やメーカーへ確認してください。

最後に

いかかでしたでしょうか?

デイト表示付きの時計をお持ちの方も、

NGゾーンを以外に知らない方も多いのではないでしょうか??

ぜひ参考にして頂けたら嬉しいです♪

ページトップへ戻る

MENU