質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

北名古屋店のお知らせ

金メッキは買取可能?見分け方や買取ができる金メッキについて解説します。【北名古屋】

今回はメッキについてお話しさせて頂きます。

・金メッキは買取可能か?

・金メッキについて知りたい方

・金メッキの見分け方について知りたい方

などにオススメの記事となっております。

☟☟お持ちの商品に関するご相談やご質問はこちらからどうぞ☟☟

金メッキは買取可能か?

金メッキの金杯やアクセサリーの買取は可能ですか?という声をよくお聞きします。

金メッキには実際に本物の金が使用されています。ただし使用されている量はごく僅かです。

結論から申し上げると金メッキとしての買取は不可とお答えさせて頂く機会がほとんどです。

ですが諦めるのはまだ早いです。

ダイヤやエメラルドといった宝石が付いている場合や、ブランド品の場合は買取をすることができる場合もございます。
自宅で簡単査定‼下記のバナーからお持ちのアクセサリーの買取価格がわかります!貴金属査定フォーム

 

金メッキとは

金メッキとは簡単に説明すると、真鍮などのベースとなる金属の上から電気分解で薄い金の膜が貼られているものです。

実際に金が使用されており製品の付加価値を高めるだけでなく、耐腐食性が高くなることも挙げられます。全て金製のアクセサリーや金杯などと比べると、金額も安く購入することが出来ます。

また軽量な為、重くなりやすい楽器(トランペットetc…)などにも使用されています。

金メッキと金張りの違い

金メッキは電気分解を利用して薄い金の膜を貼るのに対して、金張りは熱と圧力を加えることによりベースとなる金属を原子レベルで合金させています。
金メッキは金張りと比べると薄い膜を貼っているだけなので、耐久性が低いのに対して、金張りは剥がれにくい特徴があります。
買取する際の扱いとしては、金メッキも金張りも同じごく僅かの金を使用しているものになるため一緒の扱いとされることが多いです。
☟☟お持ちの商品に関するご相談やご質問はこちらからどうぞ☟☟

金メッキの見分け方

①刻印

金メッキの刻印

金メッキには金メッキと分かる刻印がされています。

【GP】・・・Gold Plated

【GE】【GEP】・・・Gold Electro Plated

【M】・・・2Mや3Mと数字がつくものもあり、M=ミクロンを意味します。

金張りの刻印

金張りにも刻印がされています。

【GF】・・・Gold Filled

【GS】・・・Gold Shelled

【GR】・・・Gold Rolled

ご紹介した刻印がされているものは金メッキ・金張りの商品になります。

②磁石にくっつく

本物の金であれば磁石にくっつくことはほぼありません。
※割がねに鉄やニッケルが使用されている場合、くっつく場合も。

金メッキはベースとなる金属に磁石がくっつく為、磁石をあてるとくっつきます。
※ベースが銀や錫(すず)といった金属の場合にはくっつきません。

磁石にくっつく製品の場合には、金メッキである可能性が高いです。

自宅で簡単査定‼下記のバナーからお持ちのアクセサリーの買取価格がわかります!貴金属査定フォーム

買取ができる金メッキとは

金メッキのものでもブランド製品であれば買取することが可能になる場合があります。
ヴィトンやシャネルといった有名ブランドのものであれば、ブランドとしての価値で買取することが出来ます。
☟☟お持ちの商品に関するご相談やご質問はこちらからどうぞ☟☟

 

 

まとめ

本日は金メッキの買取についてお話しさせて頂きました。
金メッキのアクセサリーは見た目は金製品のものとほとんど一緒の為、なかなか見分けるのは難しいと思います。
実際に買取にお持ち頂いた物の中には金メッキだと思っていた中に、金だったということも多いです。
捨ててしまった中に金が入っていたかも・・・なんてこともよく伺いますので、そんな時はかんてい局にお持ち下さい。しっかりと1つ1つ鑑定させて頂きます。
☟☟お持ちの商品に関するご相談やご質問はこちらからどうぞ☟☟

 

ページトップへ戻る

MENU