質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

金メッキ・金・プラチナの違いとは?店頭商品もご紹介します!【茜部】

こんにちは、かんてい局茜部店です!

普段私たちが買取をしている中で、メッキのお品をお持ち込みのお客様がたまに見えますが、当店ではメッキの商品はノーブランドの場合お取り扱いしておりません。

色味が金に似ているから金なのでは?と思いお持ち込みいただく方が多いです。

メッキというものが一体なんなのかわかっていないという方も見えるかと思いますので、本日はメッキ・金やプラチナなどについて詳しく書いていきたいと思います。

・メッキについて知りたい方

・金やプラチナなどの刻印について知りたい方

・ジュエリーをお探しの方

必見のブログとなっておりますので是非一読ください。

👇お電話での問い合わせはこちら👇

メッキとは?

よく耳にするメッキという単語。

金メッキ製品と呼ばれる、アクセサリーのベース部分は金ではない全く別の金属で作られており、表面だけを金で覆う加工が施されております。

これをメッキ加工と呼びます。

その為、金の含有率は数パーセントにも満たしません。

ベースとなる金属(地金)は、真鍮やシルバー、銅、ニッケル、鉄などさまざまです。

それぞれの刻印の意味とは

アクセサリーには数多くの刻印があります。そちらを解説いたします。

金の場合

金の刻印は主に、

K24・K18・K14・K10・K9・K18WGなどがあります。

この数字の刻印は金の含有率を表しており、K24の刻印の場合は金の含有率が99.9%で他にほとんど何も混ざっていない純粋な金ということになります。

K18は金の含有率が75%、K14は58.5%、K10は41.5%となっております。

では金以外の残りの%分には何が含まれるのでしょうか。

明確な決まりが無い為様々ではありますが、銀や銅、パラジウム等の金属が含まれている場合が多いです。

ホワイトゴールド・ピンクゴールドの場合

金には通常のゴールドカラー以外に、ホワイトカラー・ピンクゴールドカラーがございます。

それぞれ、「WG」「PG」と表記されます。

どのように色を変えているかですが、主に2パターンございます。

①白色系の割金を用いて白くしている

②ロジウムコーティングを施して白さを増す

ピングゴールド(PG)も同様の加工が施されており、日本で流通しているホワイトゴールド・ピンクゴールドはほとんどが②のロジウムコーティングが施されております。

プラチナの場合

プラチナの刻印は主に、

Pt1000・Pt950・Pt900・Pt850などがあります。

金の場合は【K18】【K14】といったように、24分率で表記されていますが、プラチナの場合は千分率で表記されております。

Pt1000が純プラチナを表しておりますので、Pt950は95%、Pt900は90%となります。

造幣局の品位区分もこの4つに分けられており、純度85%(Pt850)以上でなければ、プラチナジュエリーとは認められません。

メッキの場合

メッキにはわかりやすく刻印されているもの何も刻印されてないものがあり、刻印は主に、GF・GPがあります。

【GF】

GDはGOLD FILLEDの略称で、日本語訳で金張りを意味します。

ベースの真鍮表面にK18を重ね合わせて高熱圧着(900℃前後で加熱してから圧延)されたものです。

通常の金メッキよりも80~100倍金の層が厚いために発色も良く摩耗に強い特長があります。最近はネックレスや眼鏡などにもこの製品が増えてきています。

【GP】

GPはGOLD PLATEDの略称で、金メッキを意味します。

真鍮をベースにニッケルで下地メッキをしてから、その上に薄い金の膜を電解メッキしたものです。GFと比較して、金メッキの層が薄く摩耗に弱い特徴があります。

主に記念品などの金杯に用いられることが多いです。

貴金属のメール査定フォームはこちら↓

貴金属査定フォーム

茜部店にある商品のご紹介

シャネル ココマークピアス

サイズ:約W1.8cm×H3.2cm

素材:金メッキ

こちらはシャネルの製品ですが、素材は金メッキでできております。

創業者のココシャネルが、なるべく多くの人にジュエリーを楽しんでもらえるようにという思いからシャネルの製品では金メッキの物が多く作られております。

価格としては特別安くはないですが、K18でできている製品と比べると安く買うことができます。

K18 デザインネックレス

サイズ:40cm、10.1g

素材:K18

こちらはK18素材のシンプルなネックレスです。

金は実物資産と言われ、いつの時代も高価なものとして扱われてきました。

こちらのネックレスはこれからも資産として残すことができるネックレスとなります。

また、金ネックレスの一番いい点が、日常使用していても価値が下がらないという事です。相場の変動によって下がることはありますが、使用による傷で価値が下がることはございません。

Pt900 D0.625ct/0.55ct リング

素材:D0.625/D0.55ctリング

サイズ:約12号/7.3g

素材:Pt900

こちらはPt900の素材にダイヤモンドをあしらった豪華なリングです。

ダイヤモンドはブラウンダイヤモンドという茶色みがかったものが使われており、透明なメレダイヤとのバランスは最高です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

世の中にあるアクセサリーはほぼすべてが、「メッキ素材・金素材・プラチナ素材」の3つの中から作られております。

人それぞれ好みがありどれがお勧めという事をお伝えするのは難しいですが、少なくともそれぞれについての知識を入れておくと選びやすくなるので参考にしてみてくださいね。

ページトップへ戻る

MENU