質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ロレックス エアキング|新品価格より買取価格が高いモデルの査定ポイントをご紹介!Ref.116900【買取実績】【大垣】

店舗名 大垣店
商品名 116900|エアキング
ブランド名 ROLEX【ロレックス】
買取価格 750,000円

皆さん、こんにちは!

買取専門店 かんてい局大垣店です。

本日ロレックスのエアキング(現行モデル)を買取させて頂きました。

今回の記事では買取金額と査定ポイントをご紹介します!

 

ロレックス エアキング

エアキングはロレックスで現存しているペットネームを持つ最古の時計とされております。

その誕生は1940年頃で、1930年代の航空の全盛期にオマージュを捧げたモデルです。

エアキング自体は非常に長い歴史を持ちますが、「Ref.114200」であった時代の2014年のマイナーチェンジにより「エアキング」の文字が消え、オイスターパーペチュアルの34mmモデルに変更となりました。

一時無くなったかと思われたエアキングは、2016年にケースサイズが34mmから40mmへとサイズアップした「Ref.116900」として再登場しました。

デザインはそれまでのオイスターパーペチュアル系譜のシンプルなものから一新されております。

☟お電話でのお問い合わせはこちら☟

買取価格は定価超えの75万円!

近年相場の高騰が騒がれているロレックス。

今回買取させて頂いたエアキングも例外ではありません。

2021年4月現在のRef.116900 エアキングの定価は「676,500円(税込)」ですので、新品価格よりも7万円以上高い金額で買取をさせて頂きました。

デイトナやサブマリーナーをはじめとするスポーツモデルの品薄、高騰は以前から話題でしたが、ここ数年でデイトジャストなどのドレスウォッチやエアキングなども品薄となっており、中古市場では高騰しております。

約一年前と比べても買取価格で10万円程上昇しており、ロレックスの凄さがより分かりますね。

査定ポイント

それでは今回買取をさせて頂いた際の査定ポイントをご紹介させて頂きます。

①状態(使用感)

今回お持ち頂いた時計は2021年の2月に購入された物になりますので、ほとんど使用されていない特上品でした。

査定を査定させて頂く際に、まず重要なポイントとして挙げられるのがお品物の状態です。

時計の場合は普段使いする中で机などどこかに触れることがあり、知らない間に傷がついてしまうことがほとんどです。

普段から大事に使用されている方でも、時計をよく見たら傷がついているということも少なくありません。

時計の場合は新品仕上げ(磨き)を行う事で小傷を消す事が出来ますので、小傷やちょっとした擦り傷程度であれば何の問題もありません。

査定に大きく影響するのは深い傷や強くぶつけてしまった際に出来る打ち傷です。

磨きといっても分かりやすくいうと表面を削って綺麗にしていますので、傷が深すぎると時計の形を変えるほど削らないといけなくなります。

製品として保つためにそこまでの磨きはできませんので、深い傷は残ったままになります。

磨いても残る程の傷は査定金額に大きく影響を及ぼしますので、使用方法には注意が必要です!

②付属品

ロレックスの時計の査定をする際に最も重要と言えるポイントが「付属品」です。

ロレックスの場合は付属品として「外箱(紙製) 内箱(木製) ギャランティカード(メーカー保証書) ブレスのコマ」が挙げられます。

その中でも特に重要なものがギャランティカードです。

時計を購入した際に発行される保証書であり、無くしたり捨ててしまったりしても再発行ができませんので、替えが効かない分非常に重要になります。

実際にギャランティカードが無いと査定金額は5~10万円程下がります。

また高額モデルやヴィンテージモデルなどの場合は20万円以上の差がある場合があります。

「普段使用しないのに、そんなものが大事なの?」と思われる方は非常に多いと思いますし、実際にお客様とお話をさせて頂く中で驚かれることも少なくありません。

ロレックスは通常使用する時計としてだけではなく、資産としての価値も見出されておりますので本体だけではなく付属品もまとめてあった方が高くなりやすいです。

時計を購入して付属品は普段使用することが無いため、捨ててしまうという話もよく耳にします。

付属品が重要であることはロレックスだけではなく、他のブランドにも共通して言えることですので、捨てることなく大事に保管しておきましょう。

③ギャランティカードの種類

ロレックスのメーカー保証書であるギャランティカードは正規店で購入した際に発行されるものですが、その形式は何度か変わっております。

最新のギャランティカードは2020年初頭から切り替わったものであり、以前は販売店と購入者の名前が記載されておりましたが、現在では型番とシリアル、正規店購入日のみ記載されております。

ちなみに以前のギャランティカードは購入時についてくる請求はがきに個人情報を記載して後日届くという流れでしたが、現在では正規店で購入した日にそのまま受け取ることができます。

2020年以前と以降では同じモデルを購入してもギャランティカードの形式が異なり、現在では差新のギャランティカードの方が価格は高くなります。

もし今後中古でロレックスの購入を検討している方がいれば、ギャランティカードにも注目してみるといいかもしれません。

☟写真を送るだけの『かんたん査定』はこちら☟

時計査定フォーム

最後に

本日はロレックスのエアキングの買取価格と査定ポイントをご紹介させて頂きました。

先日ロレックスのエクスプローラーやデイトジャストの文字盤が発表されましたが、ロレックスは新しいモデルの発表や廃番などが判明すると大きく中古相場が変動します。

殆どの場合下がる事は無く上がることが多いですが、予想を外した場合や必要以上に上がり過ぎた場合などは下がることもあります。

値動きの大きいロレックスですが、資産としての価値は今のところ間違いありませんので、手放される方、購入を予定している方にもオススメです。

今ロレックスをお持ちの方、売却を検討している方などは一度かんてい局の査定へお持ちください!

店舗だけではなく、電話でも大体の金額をお伝えすることが可能ですので、是非一度ご相談ください!

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品