質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ロレックスの14060「サブマリーナノンデイト」の最新の買取情報についてお知らせいたします!【細畑】

店舗名 細畑店
商品名 14060/サブマリーナノンデイト
ブランド名 ROLEX【ロレックス】
買取価格 580,000円

本日もかんてい局買取実績をご覧いただき誠にありがとうございます。

弊社かんてい局は販売も兼ね備えた質屋として全国で展開しております。

こちらの買取実績はかんてい局細畑店の物になります。

下記をクリックして頂くとかんてい局細畑店の情報がご覧いただけます。

セール情報などもございますので、ぜひご覧下さい。

クリック↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリック

ロレックス 14060 サブマリーナノンデイトについて

今回はロレックスの「14060」サブマリーナノンデイトについてご紹介させて頂きます。

「14060」は1989年~2000年頃まで製造されていたモデルです。

これより前のサブマリーナはベゼルが両方向に回転する仕様でしたが、ダイバーの事故防止のため逆回転できないように変更されました。

キャリバーも低振動のものから高振動のものに変更され、より精度・耐磁性があがり実用的なスポーツウォッチとして進化しました。

サブマリーナはスポーツモデルの中ではバリエーションが豊富であり、素材の違い、文字盤やベゼルの違い、インデックスにダイヤが使われたもの、また「デイト付き・デイト無し」を選ぶ事が可能です。

今回紹介するのはサブマリーナ「ノンデイト」であり、デイト機能のない、いたってシンプルなダイバーズウォッチです。

価格的にはもちろんデイト付きのサブマリーナの方が高額になりますが、無駄のないスマートなデザインのためノンデイトをあえて好む方も少なくありません。

ダイバーズウォッチにしては比較的薄いケースでありながら、しっかり300m防水機能も備えております。

 

また、今回買取させて頂いた「14060」のモデルはP番(2000年頃)であり、丁度この年代に次期モデル「14060M」に切り替わりました。

見た目は全く一緒ですが、中の機械がより精度の良いものへ変わり、針の動きもリューズ操作が逆向きになります。

続いて、現在のサブマリーナノンデイトの相場状況についてお話させて頂きます。

 

 

サブマリーナノンデイトの相場状況

ご存知の方も見えるかもしれませんが、今は新型コロナウィルスの影響力により、株の暴落、為替の変動、相場の下落が目立っている状況です。

ロレックスの相場変動は著しく、上位スポーツモデルであるデイトナ等は30万円以上下がっている個体も珍しくありません。

こちらの「14060」サブマリーナノンデイトは、既に製造が終了しているため中古でしか手に入らないので、昨年末までは相場が右肩上がりで高騰していました。

しかし、現状の情勢でこのモデルも大きく相場が動いてしまっております。

元々の相場の上がり幅がデイトナやGMTマスターの様に大きくはなく、良い意味で安定しているモデルでしたが、やはりコロナウィルスの影響は計り知れません。

年式にもよりますがコロナが蔓延するまではこのモデルは70万円程の買取価格まで上昇しましたが、今は10万円以上相場が下がってしまっています。

このタイミングでいっそ売却を考えられるか、それともコロナが落ち着くまで眠らせておくか、色々な考え方がありますが今の情勢を見ていると個人的にはまだまだ続きそうな気はします。

「売るタイミング」と「買うタイミング」はこのような世間全般に影響する問題が発生した時に、大きく変動するケースがありますので、それを見極めるのが重要ですが難しいですよね。

それでは、次に買取査定ポイントについてご紹介させて頂きます。

 

 

買取査定ポイント

①本体の傷について

まずは全体の使用感、キズの具合について見させて頂きます。

こちらの個体はベゼルのキズ、ブレスの打ち傷等が目立ちます。

小傷程度であれば研磨により新品同様の状態にすることは可能ですが、深い傷や打痕等は残ってしまいますので、その場合は査定額のマイナスポイントとなります。

もし使用しない場合は箱に入れて保存しておくなど、管理方法にも注意しなければなりません。

 

 

②ブレスの伸びについて

続いてブレスの伸び具合についてです。

本体の傷以上に見るポイントとして、ブレスがどれだけ伸びて(削れて)しまっているかをチェックさせて頂きます。

ロレックスは主に2種類のブレス形状があり、スポーツモデルに多く使われる「オイスター(3列)」と「ジュビリー(5列)」ブレスです。

構造上、伸びやすいのは「ジュビリーブレス」のタイプになり、デイトジャスト等に多く採用されています。

経年や使用頻度によりブレスが削られ、伸びが発生します。

伸びがあると修理でも改善する事ができませんので、最悪の場合ブレス毎交換になるケースが稀にあります。

こちらの14060は少し伸びが見受けられます。

極端に伸びが大きいと査定額が数万円変わってしまう事もございます。

 

 

 

付属品の有無

箱、コマ、ギャランティ、国際保証書、全ての付属品が揃っています。

年代が古いものほど、全ての付属品が揃っているというのは珍しく、また資産価値も高いです。

ギャランティが付いている事で3万円以上はプラスで見る事ができます。

日本ロレックスでオーバーホールを受けたという証明である「国際保証書」も、お持ち頂く事で金額が上がる場合がございます。

もし売却を考えられている方は、なるべくすべての付属品を揃えた上でお持ちして頂く事で査定アップに繋がりますので、お忘れなくお持ちしましょう。

 

 

 

最後に

今回はロレックスの14060、サブマリーナノンデイトの買取りに付いてご紹介させて頂きました!!

相場は下がったと言っても、まだまだスポーツモデルは高い水準を保っております。

お持ち頂いた際はどの店にも負けない査定額に挑戦させて頂きますので、是非一度当店にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品