質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

細畑店のお知らせ

【知っておきたい】金の特徴、プラチナ・シルバー・メッキ素材別にお手入れ方法をご紹介【細畑】

こんにちは!かんてい局細畑店です☺

今回はジュエリーによく使用される金やプラチナ等の素材別にお手入れ方法をご紹介致します!

この記事は

・金の特徴について知りたい方

・素材のお手入れ方法を知りたい方

・ジュエリーの購入を検討中の方

などにおススメとなっています♪

⇩⇩⇩かんてい局のジュエリーをCHECK⇩⇩⇩

👇クリックでオンラインショップへ👇

金の特徴

金はK24、K18、K10など金の純度によって

金の特徴が変わります。

K24

K24は金の純度が99.99%なので純金とも言われており

変色や錆などがほとんど起こりにくいです。

ですが、K18より柔らかく万が一落としてしまった場合変形する可能性がございます。

なのでジュエリーとしては不向きとされています。

K18

K18は金の純度が75%で金以外の残り25パーセントは

銀、亜鉛、銅、パラジウムなどの金属が混ざっています。

その為、加工がしやすくジュエリーに向いています。

さらに金の純度が高いため、アレルギーを起こしにくいのが特徴です。

K10

K10は金の純度は42%で半分以下ですが

輝きはK18とほとんど差はありません。

K18に比べると硬い素材のため、

変形しにくく傷が付きにくいのが特徴です。

しかしK10素材のジュエリーはサイズ直しが難しい場合があります。

また、金の含有量が低いため、変色しやすいのも特徴です。

汚れ・変色の原因

プラチナ

黒ずみや錆が発生する主な原因は、K18と同様

プラチナ以外の素材も含まれているからです。

プラチナは本来柔らかい素材のため、純度100%だと

加工が困難でジュエリーに向いていません。

そのためプラチナの指輪は強度を高めることができるほかの素材と混ぜ合わせて作っています。

しかし、このプラチナに混ぜる素材によっては汗や皮脂の成分に反応し化学反応を起こし、

それが原因で黒ずみや錆が発生してしまうのです。

このことを「硫化」と言います。

ゴールドに関しては、先程上記でご説明しましたが

純度によって変色の度合いが異なります。

例えば、純金(K24)であれば、本来変色などしない物質です。

純金に銀や銅を混ぜることで強度を高め、ジュエリーなどに加工しやすくした素材が18金です。

ジュエリーに使用される金は、割金と呼ばれる他の金属が混ぜられているのです。

プラチナと同様、硫化することがあります。

メッキ

金・銀メッキアクセサリーは安価で手に入るのが大きなメリットです。

しかし、このタイプのものは硫化以外にも注意しなければいけないことがあります。

経年劣化や使用方法によってメッキが剥がれてしまうことがあります。

万が一、メッキが剥がれてしまった場合には、

個人で直すのは難しいので、アクセサリーの専門業者などに相談しましょう。

シルバー

シルバー素材が一番黒ずみが分かりやすいですよね。

シルバーは硫化もしますが「塩化」もしてしまします。

家庭用の塩素系漂白剤がシルバーに付着すると

表面に塩化銀の皮膜が出来上がり黒ずんでしまいます。


お持ちのバッグや財布が

いくらくらいになるだろう?と思った方は

写真を撮って送るだけで簡単査定!

メール査定もぜひご利用ください。

⇩貴金属の査定フォームはこちら⇩

貴金属査定フォーム

使用の際に気を付けること

ジュエリーはお風呂に入る際つけっぱなしにしていいのか、外さないといけないのか

気になる方は多いと思います。

基本的にはアクセサリーをつけたままお風呂に入ることは可能です。

しかし、入浴剤や温泉に入る際には注意が必要です。

温泉の成分によっては化学反応を起こしてしまい、

アクセサリーが変色してしまうことがあります。

入浴剤も温泉の成分と同じものが使われていると変色することがあるので

なるべく外した方がいいと思います。

プラチナやゴールドの度が高いものであれば変色は起こりにくいです。

メッキに関しては塗装が剥がれてしまうので

お風呂には持ち込まないほうがいいと思います。


●当店ではご融資も行っております!!

↓質預かりのご案内はこちらをタップ↓かんてい局質ページについてはこちら

家にあるものでできる素材別お手入れ方法

普段のお手入れとして使って外した場合は優しく拭いてあげてから

保管してください。

保管する場合もなるべく空気に触れないようケースなどにしまうと

硫化防止になります。

プラチナ、金、メッキ

プラチナと金のお手入れ方法は同じになります。

まず用意するものは

・台所用中性洗剤

・ぬるま湯(35℃くらいのもの)

・綿棒

・柔らかい布(眼鏡用クロスなど)

以上の4つです。

まず始めにぬるま湯に中性洗剤1:1の割合で入れ混ぜます。

その中にジュエリーを入れ5分ほど待ちます。

汚れが浮いてきたら細かい部分を綿棒で丁寧に磨きます。

リングの場合は裏側から磨くときれいになります。

ネックレスの場合はジュエリー同士がぶつからないように

ふり洗いしてください。

最後に柔らかい布で優しく拭いて乾燥させたら終わりです。

メッキに関しては塗装が剥がれていたら修理業者にお持ち込み下さい。

シルバー

シルバーのお手入れに必要なものは

・熱湯

・アルミホイル

・重曹

・耐熱容器

・柔らかい布

になります。

まずは耐熱容器の中にアルミホイルを敷きます。

アルミホイルは器のような形にして入れると良いです。

アルミホイルの中にシルバーを置きその上に重曹をかけます。

次に熱湯を注ぎますがこの時シルバーが沈むくらい注ぎます。

熱湯が覚めるくらいまで置いておき冷めてきたらシルバーを水で洗ってください。

優しく布で拭いてあげたら完成です。

※注意点※

ジュエリーを拭いてあげる布は研磨剤が入っていない布にしてください。

表面に傷が入ってしまうこともありますのでご注意ください。

また強くこすってしまうとこちらも傷の原因になるので

優しく拭いてあげて下さい。

ジュエリーについている石は物によっては水に弱いものもあるので

ご注意ください!

特にエメラルド、パール(真珠)、ムーンストーンなどは水に弱いので

もし水滴など着いた場合はすぐに優しく拭き取って下さい。

洗浄したい場合などは購入した店舗やジュエリー専門店にお持ちいただいて

洗浄してもらうと良いと思います。

まとめ

今回はジュエリーの洗浄方法についてご紹介致しました。

ずっと家に眠っているものなどもたまにはお手入れしてあげると

以前の輝きに近い綺麗さになると思います☺

家にあるもので簡単にお手入れできるので是非試してくださいね♪

また、使わないジュエリーなどかんてい局では買取も行っていますので

ぜひ査定だけでもお持ち込み頂けたらと思います!


↓お問い合わせはこちらをタップ↓

最後に

かんてい局細畑店にはこの他にも様々な

ジュエリーをお取り扱いしています。

下記バナーからすぐご覧頂けます!

↓オンラインショップはこちらをタップ↓

細畑店からのお知らせ

かんてい局では、

・警備員によるアルコール消毒、検温実施。

・ご来店の際はマスク着用が

 必須となります。

 着用していないお客様の入店は

 お断りさせて頂きます。

大変恐縮ではございますが、

お客様ご自身の為、

従業員の為にもご協力を

よろしくお願い致します。

★YouTubeはじめました★

現在、ロレックスやオメガ、

珍しい時計を中心に動画を

配信しております。

ここでしか聞けない

コアな内容も御座います!!

時計が好きな方にはたまらない

そんな内容となっております。

⇩⇩⇩チャンネル登録お願いします!⇩⇩⇩

 

ページトップへ戻る

MENU