質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

春日井店のお知らせ

ロレックスのエクスプローラー2売ってください!買取価格と文字盤は白、黒とどちらが人気か?徹底解説!【春日井】

皆様こんにちは!!

かんてい局春日井店です(*’▽’)

 

今回は、ロレックスの「エクスプローラー2」について詳しくご紹介していきます。

こちらの記事では主に、

・エクスプローラー2ってどういうモデル?

・エクスプローラー2の最新の買取価格について

・黒文字盤と白文字盤、どちらが人気?

・エクスプローラー2はこういう人にオススメ

大きくこちらの4つの項目に基づいて解説していきます!

興味のある方は、是非この記事を参考にして下さい。

 

☟☟☟お気軽にお電話ください!☟☟☟

 

エクスプローラー2ってどういうモデル?

まずは「エクスプローラー2」ってどのようなモデルなのか、お話致します!

エクスプローラー2は1971年頃に登場した「エクスプローラー1」の上位機種にあたるモデルです。

エクスプローラー1と言えば現代も一貫したデザインで、デイト等の機能を持たない究極のシンプルウォッチとして位置づけられる3針モデルです。

対するエクスプローラー2は3時側にカレンダーが搭載され24時間表記を表すベゼル、第二の時間帯を把握する事ができるGMT針、エクスプローラー1より大きくブラッシュアップされて登場しました。

 

それでは、次に「エクスプローラー2」の買取価格についてご案内いたします!

 

 

エクスプローラー2の買取価格について

2021年2月時点での買取価格になります。

現在、春日井店にはエクスプローラー2の在庫がございませんので、もしお持ち頂けたら精一杯の高価買取をさせていただきます。

今回紹介するのは、エクスプローラー2の中でも比較的流通数の多い「16570」「216570」です。

 

リファレンスナンバー:16570

型番:16570

製造年数:1991年~2011年

ケースサイズ:40mm

防水性:100m

買取価格:【黒】65万~75万/【白】65万~80万 ※2021年2月相場

こちらは2011年に製造終了した、エクスプローラー2のシリーズの中でも最もロングセラーだったモデルです。

ケースサイズ40mmと扱いやすく、機能性も良い為非常に人気が高いモデルです。

ロレックス入門機としても、セカンドウォッチやサードウォッチとしても多く選ばれるモデルです。

 

リファレンスナンバー:216570

型番:216570

製造年数:2011年~現在年

ケースサイズ:42mm

防水性:100m

買取価格:【黒】90万~100万/【白】90万~98万 ※2021年2月相場

2011年に登場した、現行品として販売されているエクスプローラー2です。

リューズ、インデックス、ケースサイズが先代モデルより大きくなり、より男性的な「ゴツい」モデルへと生まれ変わりました。

針もレッドからオレンジとなり、16570とはガラっと印象が変わりました。

 

上記2モデルは一般的に多く流通しているモデルですが、もし希少なアンティークモデル「1655」や「16550」をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談ください!

 

気軽にできるメール査定はコチラ

時計査定フォーム

 

マイナーチェンジによって価値が変わる?

大体の買取価格を紹介させて頂きましたが、ロレックスはどのモデルにも多く当てはまりますが年式によって若干の仕様が異なる事があります。

新しい方が高いのか?そうとは限らない事もあります。

どのようなマイナーチェンジが行われたのか?代表的なポイントを説明させて頂きます。

 

夜光がトリチウム→スーパールミノバに

 

16570の1998年製造頃のものまで、インデックスの夜光の種類が「トリチウム」というものが使われていました。

6時側の表記が「SWISS-T<25(左側)」から「SWISS MADE」に変わりました。

※厳密には、この間に「SWISS」だけの表記があり、そこでトリチウムからルミノバに変更されています。

トリチウムは自発光塗料で、その自発光には寿命があり、約12~13年で効力を失うと定義されています。

その為、1998年より前の個体でトリチウムが使われているものは効力を失い、暗い所でも光らないものが多いのです。

対する「ルミノバ」は、「蓄光塗料」ですので、光を当てる事でその光を吸収し、その名の通り蓄える事ができます。

実用性は、効果が残り続ける分後者の「ルミノバ」の方が圧倒的に高いですが、トリチウムは生産終了という事もあってこの夜光が使われている個体は高く評価されています。

特に、白文字盤のトリチウムはダイヤル自体の色が変色しやすいという事もあり、それがオリジナルの証と位置付けられ非常に高い価格が付けられています。

 

ルーレット刻印

インナーリング(文字盤の外周)に「ROLEX」というロゴと、「シリアルナンバー」が刻印されるようになりました。

これは2007年頃から入った仕様です。

あとは専門的な話ですが、この頃の製造個体からムーブメントが変更され、より精度の高い仕様になってきました。

この「ルーレット刻印」が入ったものは高く評価されているようです。

 

バックルの変更について

これは新しくなった「216570」のみに適用される変更点です。

細かな部分ですが、2015年夏頃よりバックルの内側の仕様が変更されています。

ザラザラとした梨地(左)仕上げから、ツルツルした鏡面(右)仕上げに変更されています。

たったこれだけの違いですが、数万円価値が変わる場合がございます。

 

☟☟☟お気軽にお電話ください!☟☟☟

黒文字盤と白文字盤、どちらが人気?

エクスプローラー2の買取価格やマイナーチェンジについて紹介させて頂きました。

では、結局のところ、黒文字盤と白文字盤、どちらが人気なのか?という話になりますよね。

この文字盤の色についてですが、YouTubeでも公開しておりますので、興味のある方は是非そちらもご覧ください!

 

 

黒文字盤の良い所

・男らしい

・黒の方が締まって見える

・服装に合わせやすい

白文字盤の良い所

・持っている人が少なく、人とあまり被らない

・定番を外している感じがあり、渋い

・白文字盤のアンティークの価格高騰が凄まじい


まとめさせて頂くとこのような感じでしょうか。

「人気」という位置づけだと、持っている人が多く無難なカラーである「黒」の方に軍配が上がるでしょうか。

私個人としては、「白」に渋さを感じ、他のスポーツモデルには無い異質な雰囲気を感じますので、白文字盤のエクスプローラー2が好きです。

価格帯は数年前までは黒の方が高かったのですが、最近では白文字盤が品薄という事もあり販売価格が高くなっています。

16570、216570も白が若干高く、黒が若干安いという所でしょうか。

 

👇かんてい局の在庫を見られたい方はコチラ👇

エクスプローラー2はこういう人にオススメ

続いて、エクスプローラー2はどういう人が似合うのかをまとめました。

シリーズによって若干印象が変わってきますが、大体の傾向は当てはまると思います。

 

なるべくリーズナブルに購入したい方

エクスプローラー2は、スポーツモデルの中ではリーズナブルな価格帯です。

デイトナ、GMTマスターなどのモデルと比べると、数十万円安く購入する事ができます。

ロレックスなどの時計を何本も持っているコレクターの方から、これから高級時計を買おうとしている方への入門向けモデルとしても良いです。

 

多機能な時計が欲しい方

少し冒頭でも話しましたが、エクスプローラー2は機能性が良いです。

カレンダー機能、24時間表記のベゼルが付き第二の時間帯を把握できる「GMT針」が採用されています。

近い機能を持つ「GMTマスター」はどのシリーズでも最低相場は100万円しますので、高い機能性を持ちながらGMTマスターよりはるかにお値打ちで買う事ができます。

 

文字盤の色が選択できる

デイトナと同じく、文字盤の色が選べる、という所が魅力です。

同じモデルでも文字盤の色によってガラっと印象が変わりますので、「カラーを選択できる」という楽しさがありますね。

 

最後に

今回はロレックスのエクスプローラー2について紹介させて頂きました!!

現在、かんてい局春日井店にはエクスプローラー2の在庫はございません。

もし、お持ちの方がいらっしゃいましたら、精一杯の「高価買取」に挑戦させて頂きますので、売却を予定の場合は是非当店までご相談ください。

この時期だけの買取価格になるかもしれません!!

スタッフ一同、お待ちしております。

 

ページトップへ戻る

MENU